« クールピクス S200 | トップページ | ソゲキの島からやってきた男 »

2008年3月 9日 (日)

レビューコンテストとキャッチコピー

このインターネット上には腐るほどの商品レビューページがある。

僕もチャレンジし書いてみたんですが…

http://torinokatarigoto.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_92e6.html

↑なかなかうまくいきませんなー

一応、某レビューコンテストに投稿したので報酬をゲットするのですが恥ずかしくなってきた。

例えば「商品」だったら

その商品のいいところをうまく表現して読んでもらえる文章にしなくてはならない。

それがおそらく一番難しいのかなー

いいとこばっか書きならべた長ったらしい文章を載せても最後まで見てもらえないだろうし

かと言って文章短くまとめても商品の内容がさっぱりってかんじー

この前、アナゴの穴で「キャッチコピー」についての記事があった

キャッチコピーってのはまさに商品とかの宣伝で

よくCMとかで流れてるうまい一言系、たとえば「腐る化粧品」とか

ああゆうやつの総らしい。

商品のレビューに強いインパクトを持たせるには、まさにこのキャッチコピーを考えるのが一番効果的だと思た。

しかしこのキャッチコピー、そーう簡単には頭から出てこない!

一つひねった言葉でもダメ

綺麗ごとも通用しない

て説得力を持った上での発言

これは一筋縄ではいかないでぃ

いかに

商品の背景をつかむか

観点を変えられるか

それをうまく表現できるか

が必要なのでしょう。

いやはやレビューと言っても深いもんですな~

僕の場合は、キャッチコピーの前に日本語のお勉強からですねcrying

オーニホンゴサッパリネー!

スシ!

スキヤキ!

ナッテュー巻き!

シャ、シャークダァー!

ソレデハ、

オヤッシュ!

|

« クールピクス S200 | トップページ | ソゲキの島からやってきた男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キャッチコピーは面白いよな~
自分が好きなキャッチコピーは色々あるけど
「世の中一人の中にある」
「会社をクビにしよう」
とか、まぁいっぱいあるな。

広告は嫌われる
ポストに入るチラシは邪魔物扱い
電車内の広告も見向きもされない
ドラマ途中のCMは興が冷めるし…

そんな人達を振り向かせるために
キャッチコピーというものがある
そういう振り向かせるというCommunicationのツールが好き


ところでアカギは見たかい?
麻雀やりたいね~

投稿: アナゴ | 2008年3月10日 (月) 04時36分

アカギはまだ見てないや…

逆にカイジがこの前、6チャンでやっててそれを見た。

解説が多くて

まじめなのにすっごい変な話だったよ(笑

ワンピースは結構読んだ。改めてフォクシーは面白いやつだね。のろのろビームと変装は恐るべし。

あと映画のメカキョヘイは見た。

投稿: とりがえる | 2008年3月10日 (月) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439691/11095777

この記事へのトラックバック一覧です: レビューコンテストとキャッチコピー:

« クールピクス S200 | トップページ | ソゲキの島からやってきた男 »