« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

オツリはとっときな

寒くなってきましたねー

朝晩の冷え込みは尋常じゃなく、外は息が真白

できるならば、学校まで毛布に包まったまま行きたいです。

この季節になってくると身体的な悩みが一つ増えて

それは、足をよくツル事。

ちょっと足を伸ばしただけでツル

これはツッたの人にしかわからないかもしれませんが

ツッた時ってどうしていいのかわかりませんよね?っていうか何もできませんし

このまえ友人の前で足をつったことがあって、友人が

「おれはどうしたらいい?」

と助けてくれようとしたんだが、僕は

「いやどうしようもない!」

とつい口から出てしまった。でも本当に足を動かされても逆に事態は悪化しそうなので下手に触ってほしくないというのが本望。

もどかしいが時間が解決してくれるのを待つしかない…

そして、ツリ症である私は最近新たな能力を身につけた

ツルを予知すること!

全てのツルを予測できるわけではありませんが、たとえば足を伸ばそうと思った時に「今、伸ばしたら絶対ツルな」っていう感じの能力

実際、その直後に伸びをするとツルのでそれは避けようと心掛ける。

しかし足を動かさなくてはならない場面で「今動かしたら絶対ツル」ってわかったときはもとても悲しい。

だからぶっちゃけあまり意味ない…

そんな能力よりも、足をツッたときの対処法が知りたい今日この頃でした

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ノリノリ植松メロディ

●ビッグブリッヂの死闘 を弾いてみました【おまけつき】

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

クロノトリガーをやっていると、毎回音楽クオリティーの高さに驚きます。

↑の動画はFF5のビックブリッジ~プロローグ~エンディングを演奏する神動画。

これらクロノ、FFの音楽を手掛けてるのは植松さんです。以前にも話したかもしれませんが、ゲームミュージック界の神様。

ということで勝手にランキング!

ノリノリ植松メロディーTOP5

5位 クロノ・トリガー(時の卵)

今やってるのもありますが、ノリ度はかなり高い。クロノトリガーをやったことのある人は必ず聞く曲。サビ?がすごくいい。

一言 「時空を超えた冒険がいま始まる」

4位 片翼の天使

FF7の最終決戦クラウドVSセフィロスの時の曲、途中「セフィロス」っていう歌詞が入ってるのが劇ノリポイント。

一言 「セフィロスを倒す時が来た」

3位 チョコボのテーマ(各種)

ノリがいいどころかーチョコボに乗ってるときにしか聞けませんのでノレないと聞けません。「サンボでチョコボ」が一番好きかな。

一言 「チョコボに乗ってどこまで行こう?」

2位 決戦(FF6)

えーFFオタクとしてこれを選曲しました。FF6でのボス戦の曲。結構マイナーですのでyoutubeより持ってきた。ノリのいい曲としては一位でもいいぐらいの抜群だと思います。シャッフル度がすごくいいの!

一言 「ケフカの思いどおりにはさせないぞ!」

1位 ビッグブリッジの死闘

これは言うまでもなく、満場一致の一位。僕の中でのNo.1RPGであるFF5、その中でも一番盛り上がる「ビックブリッジの死闘」で流れる曲。ノリノリでもギルガメッシュからちゃんと「源氏の小手」を盗みましょうね!これを聴きながらドライブなんてしてみたい。

一言 「エクスデス城はもうすぐそこだ!」

さて、今日はオタッキーな内容でした。

いつか、感動の植松メロディランキングもやりたいと思いますのでこうご期待!

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月24日 (月)

「就職活動してる?」って耳が痛くなるくらい…

就職活動の一環として合同セミナーに行く機会がある。

合同セミナーは複数の企業が一か所に集まって、簡単な説明会を開き多くの学生と企業がコミュニケーションをとれるようにするイベントみたいなもの。

規模はそれぞれ目的によって異なる。たとえば、文系理系混合のイベントはすごく大きくなるけど工学系だけとか情報系だけとかのイベントだと小さくなるみたいな

リクナビ、マイナビなどの就活支援サイトでは東京ビックサイトや横浜国際展示場という大きな施設を使ってたくさんの企業を集め、巨大イベントを開催している。

規模がおおきれば、メリットとして多くの企業の話が聞ける。デメリットは人を多く呼ぶので混む。

規模が小さければ、メリットとして直接人事の人と話がしやすい。デメリットは企業の数が少ない。

今日もリクナビのイベントに参加してきて、とっても疲れた。

でも、ここ最近になって…

就職活動が見えてきた!

(あくまでこれから話すことは僕の持論なので、万人に共通することとは言えませんが、参考にはなるかもしれません。)

これまで数十社の企業さんのブースを訪問したりセミナーを聞いてきました。

僕の場合、特に「あれがしたい」「これがしたい」みたいな強い願望はなかった。というより「どんな仕事があるのか?」という事すら全然わかっていなかった。

だから、業界や業種、職種を気にせずに「理系だから」っていうのも取っ払って回っている。

今日まで情報通信系、金融系から建築不動産関係、食品百貨店関係、医薬品メーカーまで幅広く攻めた。

そんな中で、よく感じるのは「へーそんな仕事もあるのか」とか「イメージと仕事の内容が全然違うなー」とかの新たな発見。

それが①自分の興味にガッチリはまるものもあれば、②クソつまらないものもある。

でも、この新たな発見こそ就職活動の一番のチャンスだと思っている

①の発見では…世の中には何十、いや何百っていう職業があるなかで、自分の知らない仕事の中にベストマッチングがあるかもしれない。それを見つけられるチャンスにつながる

②の発見では…知ってたつもりの職業が実際は全然違ってて、もしそれを知らないで入社してたら大変だっただろうなーっていうのもある。それを見つけられるチャンスにつながる

理想としてはすべての企業のすべての仕事を知るのが一番いいのだけれど、そんなのは無理。だからいっぺんに複数回れる合同セミナーっていうのは重宝。まわり方としては

一つの企業につき15分~30分ぐらいのブースをたくさん回るのが一番効率的。

短い時間で少なくとも業界と仕事内容、勤務地の一部を説明してくれるので、先入観と異なる新たな発見が多い。運がいいと採用案内のパンフをくれるし、質問も受け付けてくれる。

こういうことを繰り返していると自然と自己分析っていうのも固まってくるんだと思っている。

もし、自分にとって総合的なベストマッチング企業が見つかったなら

就職活動はほぼ終わりだと思う。だって、企業と人間がマッチングしたら企業もその人間を自社に入れるでしょう?

それはすっごく稀な現象かもしれないけど、それと近いところまでは企業訪問を繰り返していれば起きる。

最近僕がよく言うんですが

「100社、200社の企業の説明を聞いて、1社でも自分にぴたりとハマる企業があればいい方」

と。要は会社の数だけ仕事が異なり、企業理念なんてものも異なる。そんな中でピタリと捜せってのが無理な話。

だからたくさんまわって、一つでも多くの新発見をすること、すなわち統計数学的に要素を増やして分布を広げていくことが、よりよい仕事選びにつながっていくと思う。

ここまで長々と読んでくれてありがとうございます。

どうでしょうか?以前の就職活動の記事を書いたときより成長していますよ。それは経験値が増えてるからです。

前までは「大手がいい!」とか軽く言ってたけど最近それも薄れてきました。

大手は確かに福祉厚生が比較的いいですが、別に大手じゃなくてもそれはありますし。逆に大手でもない場合もある。

結局、魅力は「名前」で、要は変なプライドだったのかも知れません。それを否定はしませんが、これからはあくまで一つの企業としてみていこうと思います。

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ボージョレヌーボはまだ飲んでません

タイトルは内容とは関係ナッシング

先日シスアドの合格証書が届いた。

中には賞状が入っていた。額縁に入れたくなるようなやつ。

てか、経済産業省直々の資格だったんだー知らなかった(笑

どっから賞状が来るのかと思ってたら…

久々の賞状をいただいてなんか嬉しいんですが僕の部屋にそんな大層なものを飾る場所や額縁はなく、結局ファイルに入れた。

そういや、この前とった中国語検定のやつはどこに行ったんだっけな…

昔から学校やイベント、ボランティアとかで賞状をもらってくると親が決まってこう言ってた

「そういうのはちゃんとしまっておきなさい、いつか役に立つから」

って、で僕はそれを地味にファイリングしてたんです。今日、それをふと思い出し

久々にそれを開けてみたら、意外とたくさんあってびっくりした。

英検、書道や運動会、部活、委員会、ボランティアなどなど

しまいには中学の自由研究とかも出てきてびっくり

風紀委員の賞状とか笑い。「お前(自分)風紀乱してない?」って

全体的にはショボイやつですけどね…

でもその時その時に一生懸命になってたものを思い出した。あっという間に過ぎて行った中学とか高校ってなんだかんだで濃密な日々だったのかもしれない

いま就職活動してるけど、こうやって過去を振り返えってすこし自己分析に役に立った。

僕の場合、どうやら「単体への完成美学」が強いっぽいです。

一つのことをやり始めると、とことんやりこんでしまう。漫画でもゲームでも

そして完成への妥協は絶対に許せないみたいで

決めたデザインは統一して手書きレポでも統一感は絶対に損ねなず、めんどくさいデザインでも統一させるためには労力は惜しんでないです。

ゲームでも自分のポリシーに反することは絶対にやらない。たとえば、戦闘から逃げるとか、絶対盗むとか。ゲームは過程も極める

漫画でも全巻集めるのは当然でグッツを集めたり、セリフとかを暗記するし。

「どんな完成でも究極体でなければならない」

って昔の日記にも書いてあった。変な僕ですね、変態だ。

薄々感じてたけど、自分が変なやつだとわかったから逆によかった。僕は駄目な人間だ…

それではおやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

超速報DS版クロノトリガー ネタばれ注意

クロノ・トリガー(特典なし) Video Games クロノ・トリガー(特典なし)

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2008/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本日発売したクロノトリガーDS版!

僕は今日昼から授業だったので、朝ゲーム屋の開店とともに買ってまいりました。

そして電車の中で早速やり始めて、学校でも時間があればずっとやってたので、現時点で結構進みました、中盤ぐらいかな。

僕が超速プレイ中なので、もしかすると原始時代のプレイ画面をのせてるのはここが一番かも知れないっす(笑

なのでこの記事を見る方はネタばれになるかもしれないので、注意してください

すでに、SFC版、PS版との相違点をいくつか発見しました。

●まずはスペック的な点でゲーム画面

Nec_0030

DSは2画面あるので、上は通常通りですが、バトル画面でのパーティーのステータスは下画面に移っているので、とても見やすい。下はマップ用(タッチペン)でこちらでタッチしながら操作できるようにもなっている。

一番の利点は常にパーティーの状態(HP・MP)が確認できるところ。

●次元の闘技場(特にネタばれ注意!!)

これは完全なオリジナル新要素システム

Nec_0031_2

時空を旅する物語っていうのをいいことに次元のはざまに闘技場が存在している

「時の最果て」まで行けば自由に行き来できます。

おもに、モンスターを育てて、バトルさせるという単純なものですが、なかなか奥が深そうです。

ワイヤレス通信対戦もできるので、自分で育てたモンスターを友達のと対戦させ競うこともできる。

Nec_0032

まだ、僕のは幼体ですが闘技場の人の話を聞く限り「進化」するみたいです。

基本的には修行をさせて強くさせる。持って行かせるアイテムによって結果が変わってくるのでコツがいるかもしれない

上の写真を見ればわかりますが修行から帰ってくると、何か持って帰ってくる。

今回はぱれぽりべれーでした。でも現時点ではもう雑魚アイテムなのでいらないし。

いま、エイラの「色仕掛け」で太古の剣でも盗もうかなって段階なので

一日目から進めすぎたかな?(笑

なぜこんなに早いかっていうと、先日までPS版でクロノトリガーをやってクリアしたので

迷いなく効率的に話を進めている。

だからものすごいハイスピードなんです。

では、もうひと踏ん張りして今日は寝ます!

一日目で海底神殿まで行ったらすごいな

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月17日 (月)

かっこよすぎる

風邪をこじらせてしまったわたくしとりがえるでござます。

ところで、ワンピースの377話も伝説に残る名シーンに認定でよろしいでしょうか?

●あらすじ

スリラーバークにて王下七武海ゲッコーモリアを倒した麦わら一味。

今宵の悪夢が終わったかと思われた。

しかしナミが突然、この島に王下七武海がもう一人いたことを思い出し事態は急変。みんな満身創痍の中、王下七武海バーソロミューくまが現れる。ルフィはモリア戦で気絶状態

くまはデンデン虫で政府から「麦わらの一味およびスリラーバークにいる人間全員抹殺」の命令が与えられ、一味を殺そうとするが

あまりにも弱りきった一味に失望し、こんな条件を言った

「麦わら(ルフィ)の首をよこせば、お前らは助けてやろう」

と。でもそんな条件を飲むわけがなく全員一致で断った。

くまは、仕方なくウルススショックを発動。

スリラーバークにいるすべての人間がくまによって倒されてしまった…

麦わらの一味壊滅か!?

このあといったいどうなってしまうのかー…

ということで377話↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

これを見てまず一番に思うのは

ゾロ、サンジがかっこよすぎます!

そして、ゾロから飛び出た名言

「ルフィは海賊王になる男だ」

スリラーバークはこの言葉を聞くためにやってきたもんです。えー

ぞっとしますよ。サンジも「ここで死に花さかせてやらぁ!」って

ルフィが船長としての器のでかさをわかってる二人だからこそってのが感動的。

思わず、モーガン大佐のところとバラティエの話を読み返さなきゃってなった。

とまぁこんなシーンですが名シーンに認定です!

それにしても、バーソロミューくまは話がわかるやつで、王下七武海の株を上げてます(自分の中でモリアは七武海の株を暴落させた)。だからまだ出てきてない七武海には結構期待しているのだが、このまま新世界かな?

確か12月の頭に52巻が発売だったかと思います。楽しみ

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

初級シスアド合格!

初級シスアド合格しました!

今日は合格者として次回受ける方に参考になればと思い、僕の体験談を…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

●スコア(200~800点で600点で合格)

午前約700点
午後約700点

●自己採点

午前 63/80
午後 69/80

僕は理系の大学生です。しかし情報系に関しては2、3科目ぐらいしか受けてないので初心者です。学校の支援で通信講座は受けていました、そこでテキストをもらった。こういうのを受ければ、嫌でも自分からやるようになると思い受講していただけなので、あまり効果は…

~午前~
本格的に勉強し始めたのは60日前(8月下旬)ぐらいからで、「過去問がそのまま出るよ!」と聞いていたので、ひたすら過去問を解きました。とにかく過去問をやりました。同じ問題でも何度も何度も…午前はそうやって準備した。初心者の中途半端なやり方は危険です。

~午後~
あと、僕は中学高校と国語の成績が3(5段階で)を超えたことがないレベルで、文章の読解能力(文を読むスピードとか)に関しては全く自信がありません。
午後試験は読解能力がある人は強いので問題ない。けど僕みたいに自信がなくても、あきらめないでください。長文を読まなくてもいける問題があります、相対参照の問題とか。
これに関しては、自分で時間を計りながら過去問で模試を何回かやり「自分なりのペース配分」をつかんでおいたほうがいいと思う。僕は2年分の過去問でやった。
ちなみに、テスト一週間前は全くと言っていいぐらいやらなかったうえ当日も寝不足でした。それでも以上の勉強量で合格ラインまではカバーできました。

~本~
●初級シスアドパーフェクトラーニング過去問題集 
2回やった
●市販の過去問(300問あるやつ) 
5回やった

一気にやるんじゃなくてコツコツとやった、普段トイレ行ってる間に「EUCってなんだっけ?」みたいに机での勉強時間とは別に、思い出す作業を自然と繰り返せるので一日1分でもいいから教科書開いて一個覚えるみたいな習慣を身につければ膨大な暗記量も自然と覚えていける。そのためには意識が必要だけど

あと友人とかと一緒に受けると気が楽ですので、受けるとき誰かを巻き込みましょう

ここまで読んでくれた方ありがとうございます。

最後に、僕の推定勉強時間は100~120時間です。

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

エキゾチック

さて、今日はちょっと物理っぽいお話をします。

実験で物性系のことをやっているというのは以前話しましたね。

今日はそれで超電導のプレゼン用のデータや写真を撮った。(次回からは別の内容に移るので)

ということでその中の一つを紹介します。

●YBCOが浮いてる写真

Nec_0028

YBCOとは

Y(イットリウム)

Ba(バリウム)

Cu(銅)

O(酸素)

から成る物質で原料は

Y₂、O₂、BaCO₃、CuO

と小学生のお小遣いでも買えるものである。

正確にはYBCO「Y Ba₂Cu₃O₇」という化学式

これを原料からどうやって作ったかというと

Cocolog_oekaki_2008_11_12_21_47

という反応式を使って計算すれば原料比率が求まります。多少の高校化学の知識が必要かも…

量さえわかれば、あとは電子秤で精密な量だけ乳鉢に入れてゴリゴリするだけ

このとき注意するのは、一生懸命ゴリゴリすること!しっかり混ざらないとこれから焼くときに割れる。

次に混ぜたものを圧力なんとかでプレスして固めて、型を作る。

それを900度で12時間ほど焼く。陶器みたいにね(笑

ホントは焼き方ってのも複雑で難しく、今回はプログラム&タイマー機能付きのやつで僕らが寝てる間に34時間ほどかけて焼いてもらった。便利な世の中だ全く。

そうこうしてる間に出来上がりと!

この完成したYBCOは95ケルビン(おおざっぱに言うと-200°)あたりで別の物質になる(超伝導)。この細かい話は以前したので端折る。

この状態になると写真のように磁石版の上に置くと浮くんです。

不思議でしょ?

実はこれ、超伝導の話とはちょっと違うことが原因らしいんですが

要は…

分子の中の原子

原子の中の中性子

その中性子の周りに回るe⁻(自由電子)のもつスピンの磁気相互作用の話。

N極とS極の磁石を半分にするとどうなるか知ってますか?

Cocolog_oekaki_2008_11_12_22_22

ってなります。

これをミクロまで永遠にやっていくと…

Cocolog_oekaki_2008_11_12_22_20

最終的に電子のスピンの向きで磁石を作っていることが分かっています。

でー、電子が磁性の原因であることがなんとなく分かったかと思いますが

次に「温度」ってものの概念は、分子の動き回り度みたいなものなんです。

この分子の自由電子の自由具合(温度とか)とそのスピンの並び(物質の構成の仕方とか)が絶妙な関係(YBCOが95ケルビンとか)、になったとき写真のような事態が起こる。

これ以上細かく説明するには統計量子物理が絡んでくるので控えるとして

それでも、今だにこの事態の理論は確立していなくて

最深部の方の話になると先生とかも「今のところ~っていう考え方が有力」みたいな口調になる。

実は今僕が説明したのも未来では間違ってるかも(笑

そう、謎に満ちてるんですこの学問。

俗にエキゾチック超伝導なんていう人がいる

それゆえ、お宝探しみたいなもので適当に混ぜた物質が低温状態で新たな物質になるなんてこともある。それが面白いところなのかもしれない。

ということで長々とすいませんでした。

なんか超伝導って「何がなんだかわかんねー」とか言う人に少しでも興味が持ってもらえれば幸いです。

それではおやっしゅ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

千載一遇

今日は、超偶然に遭遇した。

午前中、洋服を買いにセンター北にお買いものに行ったわけですが

その行く途中、地元の大道路が何かおかしい。

というのもおよそ10メートル間隔ぐらいに神奈川県警文字のジャンパーを着た警官さんたちが3人ほど配備されている。なぜか物々しい警戒をきしている。

その道路は綱島からのバスが通る片側2車線以上の地元では一番大きな道路。

これは一体何事なんだ?と思いつつ、とりあえず買い物をしに行った。

しかし、バイトがあるので長居はできず買い物が終わりしだいすぐ帰った。

そして、またその道路を通るわけですが

まだ沢山警官がいてパトカーも通りまくってる。

でもしばらくすると…

対向車が一台も通ってない!

これはおかしい!なんかヤバいぞ!

と思いとりあえず、車をいったん止めて外に出た。

道路の周りには何だ?何だ?と野次馬たちが一人二人集まってきた。

(実は、この時点で何が起こるか予想がついてました)

すると…

「動かないでくださーい!」

と向こう側の歩道にいた警官が叫んでた。

でも警官の数人は何やら不敵な笑みを浮かべている…

道路にあるすべての車や信号などが停止、道路周辺は騒然としていた。

そしてしばらくすると奥のほうから

ピカピカ光ったPC(パトカー)数台と白バイ数台が何かを先導している。

だんだん自分のほうにゆっくり近づいてくる

後続の車には国旗がついている…

これだけヒントを出せばもうわかりましたよね?そう車の中には…

天皇陛下

僕も手を振りながら待っていると、車がゆっくりと僕の前を通って

中からこっちを見て手を振ってくれた。

それは確かに新聞テレビで拝見する日本人なら誰でも知ってる天皇陛下でした。

やべー目が合った!とか思いつつ、興奮していたんですが、陛下が通り過ぎたら街はいつもの雰囲気に戻り、何事もなかったかのように時間は過ぎていく…

とまぁそんな事がありました。そこいらの芸能人を見かけることはあっても

皇室の方を見かけるなんてことは、一生のうちそうあるものじゃないと思います。はぐれメタルよりもね。ましてや天皇陛下って…笑うしかない(笑

いやー^^;びっくりした一日だったー

一応、なぜ天皇陛下がいらっしゃったかというのを説明すると

日吉と言えば「慶応大学」、その慶応大学の150周年の式典がありその祝辞をしに、こんな田舎にまで足を運んでくださったようです。

っていうかその割に人口少なかった。そのー皇室の方が来るときってもっと大勢の人たちが集まってくるのかと思ってた。

僕の周りには4,5人しかいなかったので。それでも手を振ってくれる天皇陛下のぬかりないお仕事に感謝。

これは話のネタになるし、「地元で天皇陛下に会ったぞ」っていう感じで

とんだ棚から牡丹餅です。なんかいい事があるといいっすな~

では今日はこの辺で…

おやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 5日 (水)

学校の屋上

今日の実験はいつもとちょっと違って

先生が測定して、その結果から何が起きているのかっていうありがたいお話を聞いて、超伝導の理論や実験的誤差などの考察し、理解を深める

というスタイルの日だった。まぁ「先生を囲む実験」といったところかな

最近、実験メンバーとだいぶ慣れてきて気楽に話せるようになった。メンバー5人いて男3人女2人という比率的に一番いい感じなんですが

後期始ってすぐのころは明らかに距離があったんです。僕はみんな知らない人だったんで

でも、みんながみんなお互いを全く知らなかったので逆に自己紹介する機会を作って、なれるのが早かった。

今は、一緒に折り紙したり焼き芋の話したり遊んでます。女子で一人折り紙うまい子がいて、僕も負けられない(笑
↑いや実験やれよって話ですがー

今日、実験終了後、実験棟の屋上に行ったら

ためつすがめつさんのシノさん達が一生懸命、塗料はがしの作業してた。

彼もまた実験を受けてて。なんか、天体模型みたいのを作るやつらしい。

それゆえ塗料をいっぱい持ってた…でもめっちゃくさい!大変そうだな~

でも完成したらすごいんだろうなあれ、見せてもらえるのかな…

そういやその時、屋上なのにゴキブリが出た。シノさんは虫苦手らしくゴキブリからかなり避けてたけど、僕は嫌いだけど慣れてるので、冷静にゴキブリ進路から荷物をどけた

屋上はなかなか解放的で楽しいです。なんかいやなことがあったらあそこで一服したい。

こんな平凡?遊んでるだけな学生生活ですが、これも結構楽しい。

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

いい買い物したな~

TKが捕まったーーー!(90年代の音楽界を引っ張ってきた人)

彼は90年代、唯一B'zを超えた存在でしたからね~

でもTKがつかまろうがなんだろうが「GET WILD」は大好きです。それは変わらない。多分、彼の能力ゆえ稼ぎすぎてしまったんだと思います。人間、「いい塩梅」ってものがありますから。

こっからは雑談ですが、

むかーし、中学の時にお年玉をためてコンポを買った。もちろんMDやカセットも聞けるマルチコンポよ。パナソニックさんのやつで当時でも結構高く、ウン万円する中学生にしては超リッチなコンポ。

買った理由は、B'zとか音質の高いいい曲を聴くため

B'zの曲って、やっぱほら、イヤホンやヘッドホンを通して聴くとどうしても質が落ちるんですよ。とくに重低音や稲葉シャウトは。振動がないと自分の心臓まで伝わってこないし。

だからそれなりのスピーカーが要求されるわけで当時チュウボウのくせにいろいろ調べて回って、結論は大人が使うリッチなものしかなかった。

で、かれこれ8年間もこいつにお世話になっているんです。

しかし驚くことに一回も故障してないんです!しかもまだまだ故障する気配なし。おニューみたいなもんです。

どんどん新しいものが出てくる昨今の家電業界において

家電の寿命ってせいぜい5年生きれば元が取れるみたいなところあるじゃないですか?

だから、すごいなって思って。

しかも、最新の同じ型のやつでもipodとつなげられるみたいな機能はついてるけど、スピーカの質って今も昔もあまり変わってない感じでした。

そもそもipod程度の低音質をコンポで聴くっていうのもどうかと思いましたがね。スピーカーがもったいねーよ(笑

完全な自己満足な話ですが、チュウボウの買い物にしては利口な判断でいいもの買ったなーって思って。

今日もそのスピーカでポルノグラフティのCDを聴いてました。

とまぁそんな、雑談です。

あーそうだ!最後に、今日NHKの爆問学問という爆笑問題の番組で

「21世紀の錬金術師」

っていう内容で東工大の紺野先生っていう材料科学の人が超伝導の未知物質の研究を語るそうです。

僕が今やってる実験にかなり近いので興味あったら見てみてください。

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月 2日 (日)

ルフィVSビビ

さて久々のONE PIECEについての記事

名シーン紹介、このシーン無くしてONE PIECEは語れない。アメトークでもしONE PIECE芸人みたいのやったら絶対に出てくる。

●あらすじ

アラバスタ編。ユバにて、ビビの幼少時代に親しかったトトおじさんと出会う。

ビビは、トトおじさんの変わり果てたその姿に

さらなる反戦争の意思が強くなっていった…

反乱軍を止めるべく、一行はカトレアに向かおうとしていた

…はずだが!

とここからが名シーン!1分15秒あたりからそのシーンです。

●ビビVSルフィ

このシーンはアラバスタ編で一番重要なシーンといっても過言じゃないっす。

なんと!ビビの最大コンボ数24! 右パンチ、左張り手のみ

ウィスキーピーク以来記録更新

…じゃなく↓

ビビ「他に賭けられるものなんて、私、何も…」

ルフィ「おれたちの命ぐらい、一緒に賭けてみろ!」

ルフィ「仲間だろうがー!」

というところ。

アラバスタに上陸してあれやこれやと話が進んでいく中で

みんなモヤモヤしていた部分に、ルフィはビビに現実を突き付け

もう一度、この島に来た本当の目的を考えさせる。

でもそれは、もう王女一人ではどうしようもない大規模な事態に陥っていて

今クロコダイルを追わずして、反乱軍を止めに行ったところで何も変わらないだろう。でも王女一人が可能な範囲での行動ってそれくらいしかない…

そこで、ルフィが元凶クロコダイルを今すぐぶっ飛ばすしかないと言い張る

でもビビは当然ながら七武海相手に命一つで済むはずがないと、そんなの無理だ、私には何もないのだし、と思っていた。

そこでルフィが「おれたちの命もかけろよ、仲間だろ」と言う。

この一言でビビは覚悟を決める。

くさいですが、これぞザ!ONE PIECE!って感じ。友情MAXですよ。

この行動によって、この島での目的が一つに絞られた。

クロコダイルを倒すこと

これを一心に、一行はクロコダイルがいると思われるレインベースへと進路を変えた。

とまぁこんなメイシーンです。

実はこのあとのレインベースにて、「ミスタープリンス」による策略名シーンもあるのですがそれはまた今度。

気になる方はここら辺を読んでください↓

One piece (巻20) (ジャンプ・コミックス) One piece (巻21) (ジャンプ・コミックス) One piece (巻22) (ジャンプ・コミックス)

では今日はこの辺で、それではギア2nd

…おやっしゅ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

漫画家の生き方

今日、故 赤塚不二夫 先生の人生を振り返る番組を見た。

(ギャグ漫画の第一人者として、「おそ松くん」や「天才バカボン」などの作品を世に残した天才。)

記憶にも新しい、タモさんの弔辞

「わたしも、あなたの数多くの作品の一つです」

に僕も感動しました。

と同時にすごく赤塚先生って偉大な人なんだなーと思っていました。

しかし、今回の番組見て

波乱万丈な人生の中で漫画家として生き抜いた姿

赤塚先生は大人になっても少年の心をもち

誰からも好かれる面倒見のいい情の厚い人

っていうのが藤子不二雄Ⓐ先生や当時の編集者の方々からの言葉から伝わってきた。

みんなから身近な存在で親しまれ愛され

そして、彼の生き方に影響された人達がみんな偉大な人物になっていく

赤塚先生はきっと漫画だけでなく人のストーリーまで作ってきたんだ。

「わたしも、あなたの数多くの作品の一つです」

確かにタモさんは現実のギャグマンガです…

話が少しずれますが、とある漫画家対談で

●藤子不二雄Ⓐ先生(「怪物くん」など)はこう言っている

「職業を書くとき漫画家って書いたことがない、だって楽しいマンガを描くことを仕事だと思いたくない」

●尾田栄一郎先生(「ONE PIECE」)はこう言ってる

「漫画描くのが楽しすぎて、大人なのに遊んでていいのかな?と思います」

という事をしゃべっていた。

今、真剣に将来のことを考え始めてる僕に、理想って現実にあるんだな…

と思う今日この頃でした

最後に、急に寒くなってきて風邪をひいてる人が町中でちらほら

家についたら、うがい手洗いを忘れずに!

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

ホットコーヒーが恋しい季節

バイトの残業で深夜遅くまで働き、その帰り道

どこの家も一階の電気は消え

街灯が道を照らしている

息は白く、虫の音もなく、聞こえるのは自分の足音と服がすれる音

そんなときは、普段は聞こえない音が大きく聞こえるわけで

遠い自販機の「ガシャン」という買う音が聞こえた

僕は音で驚くわけもなく、音するのがわかっていたよう

あったかい缶コーヒーでも買ってるのだろうか…

静かな夜は冬が来た証拠かな?

家に帰って僕もあったかいコーヒーでもいれよう

こんなことを思うわたくしとりがエルでございます。

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »