« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

ONE PIECE 総集編

ワンピ総集編の

amazonへのリンク

ONE PIECE THE 3rd LOG (ワンピース・ザ・サード・ログ) 2005年 12/30号 [雑誌] Book ONE PIECE THE 3rd LOG (ワンピース・ザ・サード・ログ) 2005年 12/30号 [雑誌]

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ONE PIECE THE 4th LOG (ワンピース・ザ・フォース・ログ) 2006年 1/30号 [雑誌] Book ONE PIECE THE 4th LOG (ワンピース・ザ・フォース・ログ) 2006年 1/30号 [雑誌]

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ONE PIECE THE 5th LOG (ワンピース・ザ・フィフス・ログ) 2006年 2/28号 [雑誌] Book ONE PIECE THE 5th LOG (ワンピース・ザ・フィフス・ログ) 2006年 2/28号 [雑誌]

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ONE PIECE THE 6th LOG (ワンピース・ザ・シックスス・ログ) 2006年 3/31号 [雑誌] Book ONE PIECE THE 6th LOG (ワンピース・ザ・シックスス・ログ) 2006年 3/31号 [雑誌]

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ONE PIECE THE 7th LOG (ワンピース・ザ・セブンス・ログ) 2006年 5/2号 [雑誌] Book ONE PIECE THE 7th LOG (ワンピース・ザ・セブンス・ログ) 2006年 5/2号 [雑誌]

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩みの種は育てません

ONE PIECEのアニメのDVD

100巻目が発売

去年、単一ストーリー(ずっとつながってる物語)アニメにおいて「ドラゴンボールZ」、「一休さん」を抜いて一番長いアニメになりました。

放送時間をたびたび変えながらも平均視聴率17%。アニメ界で異常な数値をたたき出している作品としても有名なONE PIECE。

フジテレビのCMで最近よくONE PIECEのDVDのCMが流れているのもそのせいかと思います。

これを記念して全巻そろえようかなー…

えーっと、

DVDは一つ4000円~5000円(amazon調べ

単純計算で、100枚全部そろえるには…

50万!?

ご、ごじゅう…

今まで50万円束なんてお金見たことないです。

これはどうすればいいんでしょうか?

とりあえずおやしゅ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年1月26日 (月)

ただひたすら

明日から学校の試験が始まるんですが、いつもどおりなんかやる気がでません。

高校の時はまだ試験前日は多少勉強していました(僕は一夜漬けタイプでした)が、大学に入ってから特に3年生になってからというもの試験を完全にナメてます。

僕、単位が割と余裕なので「別に落ちてもいいし」なんていうダメ脳が働き

明日は、物理系ばっかの暗記科目とかがないので勉強してもしなくても変わらないだろうという事で、めんどくさいっていう思考回路になってしまってる。

このブログ更新 兼 ネットサーフィンも現実逃避の一部です(笑

試験前日なのに、友人シノさんから借りた「水曜どうでしょう」(大泉洋)を鑑賞しています。(ベトナム縦断はマジでクレイジーです。)意外と面白い番組ですよ。

そうそう、昨日、初めて就活において「エントリー試験」なるものを受けました。誰もが知ってるような某大手企業なんですが。試験は大きく分けて3つに分けられてて

●ただひたすら計算する問題

●ただひたすら文章を読んでいく問題

●ただひたすら論文を書く問題

いやーこれマジでつまらないっすよ!テスト序盤で飽きましたもん!

こんな問題ができるかできないかで企業は僕らの何を見ようってことなんですかね?

かつて僕の採用試験のイメージは「面接一本」だと思い込んでいましたが、こんなのもあるんですよ。てかむしろ多いです。

僕はこんなつまらない試験をこれから何回かやっていかなきゃいけないのかと思うと気が狂いそうです。

まぁでも、自分を信じる事、自信を持って乗り越えていきたいです。オードリー春日がすごくかっこよく見えてしまった今日この頃…

それではおやしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

発売前なのにレビューがある

最近、腹が立つというか、理解ができない事があります

多くの人を不快にしてしまうかもしれないので、先に謝っときますが

発売前のゲームにレビューって何?

とりあえず、アマゾンのDQ9のページ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000LXD7HO/

まだ発売前なのにレビューがあるってどういうことですか?

しかも内容がオワテル!これ↓

「ドラクエは大画面でやりたかった。スクエニに失望」

「金もうけしか考えてない」

「不評らしいよ」

酷くないですかぁこれ?こんなレビューが既に100件近くあるんですよ!

やる前から勝手にレビューして星1をつけちゃってるあなたに失望だし、とか思ったんですが世の中にはこういう情報に流されてしまう人がいるんですよ。

本当はレビューなんかに惑わされずにゲームを楽しんでもらいたいのが僕の本望ですが、「いいゲームをやりたい」って気持ちはよくわかるので、レビューを信じちゃうのはまぁしょうがないと思います

ゲーム好きなら、「ゲーム界に貢献しよう」って事でそんなレビューは書かない、それ以外の人が書いてるとして

なぜそんなことをするのか理解できない。

やってないのに感想とかないでしょ。レビューっていうのはプレイした人がどう感じたかとか書くものであって、やってない人は書く権利がないと思う。

凄くナンセンス!腹が立つ!

しかも、ゲームが不評とかシケゲーだったとしてもそれは各々ユーザーが決めることであって、万人に共通する意見ではない。「絶対に買うな!」とは悪い冗談です

それをまぁ発売前からダラダラと書きやがってってことですよ

腹いせに、上の3つのレビューに反論しときます。

「大画面でやりたかった」…目が悪いんじゃないですか!

「金もうけしか考えてない」…ゲームのどこを楽しみにしてるんだ!

「不評らしいよ」…認証局通せ!

ふーすっきりした。まぁ愚痴はこの辺にして

実は、我が家ではドラクエ9は3つ買うかもしれません(笑

とりあえず姉が1つ、母が1つアマゾンで予約してました。

そして、もし僕が買ったら一家で3つに!

しかし、これを未然に防ごうとは思わない自分がいました

それではおやしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

今年のインフルは超危険

今日学校の授業中にせき込んでいる人が多くいました。

この時期、本当に気をつけなければならないのが

「インフルエンザ」

みなさん、ご存じでしょうか

インフルエンザはその時々によって流行する菌が異なり

潜伏期間が1日のものから1週間と様々で

感染力の強さもピンキリだそうです。

しかし、今年のインフルエンザは大流行すると予想されていて

この前も某病院で集団感染したニュースがありました↓

インフル院内感染 職員が拡大? 複数ルート? 112人に、都が再度立ち入り

なんだか、このニュースを見ただけでもヤバそう…

何やら、予防接種が効かないらしく、潜伏期間も一日、医者も「普段の生活態度を見直してください」とのこと

インフルエンザ予防の対策として最も効果が高いのものとして

(1) 部屋の温度と湿度

(2) 帰宅時のうがい手洗い

(3) 十分な睡眠と栄養

があります。

部屋の温度と湿度は、温度20度以上、湿度は50%以上が望ましいとされています。この状態だとインフルエンザはおよそ97%死んでくれる。つまり、予防接種よりも効果的ですね!僕もこの前、家電量販店で安い加湿器と温度湿度計を買いました。寝るときには特に湿度を気を付けています。

帰宅時のうがい手洗いは、僕はコンタクトレンズをし始めてから、習慣づけてやってます。たとえ、環境が良くても、自分に菌が付着して寝たりしたらまずいってことから。あと人混みは避けた方がいい。

十分な睡眠と栄養、これが一番僕にとって難しい課題かもしれない。睡眠は大丈夫だとして栄養は最近、偏ってる気がするので見直す必要がある。

これら3つのことに注意しておけば、感染の確率的にはグッと落ちる。特に今年はそれくらいやっとかないとすぐ感染するということです。

そして、疲れてるとだめなので

自分で「疲れたな」と思ったら素直に休んだ方がよさそうです。死んだら元も子もないので。あまり無理は避けましょう。

今回ばかりは僕も、不摂生な自分をただそうと思いました。

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年1月19日 (月)

そうだ会社説明会に行こう!

就活しなきゃ!ってなった。

ということで、就活唯一の醍醐味でもある会社説明会に参加しようと思い

いくつかの企業のメールをチェックし説明会の日を空けておく。バイトや遊びたくても我慢。

これがまず一歩目で

次に、参加するために予約をするんですがこれが有名企業だとすぐ予約が埋まってしまい、結局残念なことになるので前もって予約開始日もチェック!

ここまで準備しておけば、ほぼ大丈夫

あとは当日持ってくる物を用意しておくぐらいですね。

で、企業によっては軽い面接とかグループワークみたいのがある。

もちろん、そこでいい印象を持たれれば後々の採用試験で有利になる感じのやつ

僕もそれの準備をしようってことで、よく質問される

「学校であなたはどんなことをやってきたんですか?」

がある。この前、学校の友達は旅行の話題を写真とかを交えてしゃべるみたいなことを言ってました。それはすごくいい案だな~と思い、僕も何かネタがないかなって探してたら

この前の実験で発表した内容をそのまま台本通り読めばいいんじゃないか?と気づいた。実はあの実験は量子力学と統計力学っていう学問の内容だったので、「学校でやってきたことを説明する」ってのにある意味、的を得ている気がしたから。

まず、パワポの見やすく拡大した資料を作っている。これを見せながら説明する。

でも台本通り読んでも、発表会の時みたいに、質問されてうろたえるような状態ではダメなので、もう一度実験ノートを読み直さねばならんな。やれるだけやってみよう。

他にも、そろそろ全体的な面接の練習もしておいたほうがいいのかな…

とまぁそんな感じで少しづつ本格的な練習をしています。

最近、就活を休み気味だった僕もそろそろ動きだそうと思ってる今日この頃でした…

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

今日はセンター試験

今日はセンター試験だったそうですよ。

僕が高校生3年の今頃は車の勉強にいそしんでいました。

誕生日に仮免取ってすぐ本免許取得という前々からの人生プランがあったので…

そもそも、僕はアホーでバカーなので、なぜ大学入試のために嫌な科目まで勉強しなきゃならんのかわからなかった。

(今でも大学入試試験の重要性は僕には理解できませんが…)

っていう、へそ曲がりなので入試なんてものにチャレンジできるわけもなく、「もちろん推薦で!」という、楽な手段を選んでました。

でもその暇間にバイトや免許に旅行、資格とかにチャレンジしてたのである意味社会の勉強はしてました。

この前バイトの後輩にも言いましたが、大学で人生全ては決まりませんよ!

変わるとすれば、大学に入学してからの4年間をどう生活するかであって

大学の偏差値が高い学校行ってる人でも低い学校行ってる人のほうが最終的に企業に入って上司になってるなんてパターンもありますし。

ネームブランドや偏差値だけで大学を決めるのはナンセンスだと僕は思います。しいて言うなら、いまやってる就活と同じで、自分に合った学校のチョイスが一番大事だと思います。

学校によっていろいろ特色があって、特に理系の大学だと

装置や施設がそろってる

ただ黙々と研究ができる

単位がとりやすい卒業がしやすい

いい先生がいる

みたいな感じで。あと、あいまいな表現ですが雰囲気ってのも重要だと思いますし。高校3年生の時点で「何をやりたい!」なんて明確に持ってる人はそう多くないと思います。

だから多種多様の学科から一つ決めるのは困難なわけで、やりたいことを見つけた時点で、それに向けて全力を注げるような自分に合った環境を見つけるのが一番賢いと思います。それは偏差値ではわからないところでしょう

もし自分に合った学校が、ものすごく偏差値、倍率が高いところだった場合…以上の内容は全く無意味ですが(笑

まぁでも、そんな人はこんなブログなんて読んでる暇ないっすね!ふー。

ちなみに、うちの学校は先生が多く、10人に1人つくようなスタンス。この前の実験を通しても面倒見のいい先生が多いと思ったんで

そう言って後輩に一応推奨してみたんですが

「今年は物理は人気UPなんですよ~」

なんてことを言われた。あれ?2,3年前は「理科離れ」と叫ばれていたのに物理なんかが人気UPするなんて、びっくり。

でも、もし福山雅治のガリレオとかノーベル賞だかの人気で進路を決めてる人がいるのなら残念かも・・・

まぁとにかく彼の進路が気になる今日この頃でした。

ホントは人の進路なんか気にしてる場合じゃないのかもしれませんが…

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月17日 (土)

若者よ夢を持て!

先日、実験の発表会がありました。以前から話してたやつです。

正直、

悔しかった…

質疑応答でちゃんと答えられなかった自分が本当に悔しかった。

発表会が終わった後、打ち上げで先生たちと飲みになった。

先生は、発表会に聞きに来た人にアンケートをとっていて

勢いでそれを一部紹介してくれた。

後輩の感想

「どれも内容が難しいもので2年の私には発表内容が全然わかりませんでした。でも、先生方の本質的な質問に対して、しっかり答えられていた先輩がいなかったと思います。」

生意気!でも正解…

本質的な内容は難しくて、実験をやってるときにそこは避けてた自分がいたんです。とにかく結果を残して発表する。それが、目標だった。だから準備は完璧だと思い込んでいた。

でもプレゼンで多くの人前で、かつ専門的な人たちの前で物事発表するときは、それが全く通用しない。

うまく発表をこなす事ばかりに気を取られ、実験で一番重要な部分を見失ってしまっていたのかも知れないです。

実験は普段からの意識が重要なんだな~と、特に研究みたいな長い実験をやる時はデータを取りながら何が起きているのかまで考えとかないと、質問に答えられない

また、プレゼンをする時は必ず自分のわからないと思っているところまでは、わかる努力を繰り返さなければならんということ。そうやって、発表っていうのはすごく大変なものなんだと感じました。

しかしながら、プラスととらえられる点もあってこれから実験系研究室に進もうと思っている僕にとって今回の経験は終りではなく始まりにつながるものなので

これから実験をやっていく上でこの失敗は生かせる。

ある先生は、「学生にはとても難しい内容です。君たちがやってきた事は、他の学校でもできるような実験ではないので、もっと自信を持ってください。」と言ってた。

今は自信は皆無ですが

4年の最後の発表のころには自信を持って発表できる人間になりたい。

それでは、おやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月13日 (火)

えああやや

最近、芸人オードリーが面白すぎて

危うく、春日のファンになりそうでした

「春日のここ空いてますよ」

が完全にツボだったんよ。

まぁそんなことより

ちょっと暇だったんでー

松浦亜弥のものまねをしてる、はるな愛が

どれくらい松浦亜弥とシンクロしてるのか比較しようと思って

YOUTUBEさんで検索してたら

意外なことに、すでに某番組で紹介されていた

比較していた

●比較 あやや

ハロプロ全般に言えますが、やっぱり松浦亜弥って踊りが大きいですよね。

はるな愛は確かにシンクロしてました。途中にアレンジを入れてますが

松浦亜弥の踊り自体が結構面白いっすねーブリブリっこで

東野「ムカつくわ―」

ちょっとわかるかも

初めのコンサート映像でもプッっときました

松浦亜弥が面白いのか、はるな愛が面白いのかわかんなくなってきた今日この頃です。

まぁなにはともあれ

はしのえみは常にエアあややです(笑

ん?逆かなーあややがエアはしのえみなのか?

じゃあ、はるな愛はエアエアはしのえみか!

そういえば、mihimaruGTのボーカルも矢口真理に似てますよね。最初は矢口真理本人だと思いましたし。

あと、オレンジレンジの誰かが、トラガルファー・ローに似てますよねー

意外と芸能人の中だけでも顔が似てる人って多いのかもしれませんな。(あ、ローは芸能人じゃなかった、海賊だった。うっかり!)

それでは今日はこの辺でー

おやしゅ!

●参考動画

あややの江頭ダンサーズ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年1月11日 (日)

年末年始ってカラオケに行くよね?

悩みっていえば悩み何だが…

年末年始といえば

忘年会や新年会で飲みに行く機会が多くて。

誰が考えたんだか知らないけれど

二次会はカラオケというお決まりのパターンがある。

ここ1週間だけでも3回もいった。

まぁ別にカラオケがいやってわけではないんですが

問題は僕のレパートリーが少ない

皆さんはカラオケでよく唄うのはどんな歌でしたか?

っていうかカラオケで一番盛り上がる曲ってなんだろう?

僕が行ったとき、一番盛り上がってた曲は羞恥心かなー

一昨日、友人がうたった矢島美容室のMIKATAの歌詞の酷さにウケたけど

男が松浦亜弥のめっちゃホリデー歌うとひどいですが以外とおもろい。

あと、先輩が郷ひろみの「2億4千万の瞳」っていう曲を歌ってめっちゃ盛り上がってた。

僕は調子のって下手なくせにB'zを歌いたくなっちゃうんであまり盛り上がらないんですよ~

バンプとかも歌いやすいんだけど、イマイチ盛り上がりはしない

なぜか、ポルノグラフティとかって上手い人が先に歌っちゃうんで、下手な僕には歌えない

なんか歌い易くて盛り上がる曲ないかな~

それではおやっしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月 6日 (火)

はじめてのコンタクトレンズ

今日はコンタクトレンズをつけてみた。

とにかく運転免許の更新が近いので、とりあえず視力の調整ってのが一番の理由で。

レンズにした理由はバレーボールをやる時に裸眼ではきつくなってきたから

あとは就活の面接の時にメガネとコンタクトレンズでは印象が変わってくるし、先輩や姉からに裸眼かコンタクトのほうがいいよっていうのもあって…

まず、行きつけの眼科で診察をしてもらい

そのまま、眼科と並列してるコンタクトレンズセンターでカルテを見せて

普段どれくらいのペースで装備するか?

目は乾きやすいですか?

予算的にはどれくらいか?

などのアンケートを受けて、自分に本当に合ったコンタクトレンズを教えてくれる。

そして僕は最終的に「アキビューオアシスと」いう2weekのやつになって

待望のサンプルを付けさせてもらった。CM見たいなこと言いますけど

「ウぉーーーー!まぶしい!」

メガネよりも視野が広くて光も入るので、凄い明るくなった気がした。

初めは目の中に何か入ってる違和感がありましたが、1時間もたてばそんなに気にならなくなり。快適な付け心地ってやつです

ただし、自分で付けたり外したりするのが苦戦しました

一番最初、付けるときは、目に直接触れるのが怖くてすぐ瞬きを繰り返してしまい

レンズがまつ毛に引っかかったり、吹っ飛んだり。

片目つけるのに45分かかった。両方つけ終わる頃にはおよそ1時間…

実は外すのも勇気がいて、手で直接眼球をつまむので、怖い怖い。

その時、やっぱりメガネのほうが良かったかなーとか思ったりね。

家に帰ってから、ちょっと練習をして

何とか今は両目を20分で入れることができた。

コツをつかんできたので、次は10分ぐらいで入れられるかも…

でも、うちの姉なんか朝1分ぐらいでちゃちゃっと入れてるんで、慣れてくれば早いみたいです。

とにかく、今日の感想は

「目を手で触る」っていうのが気持ち悪かった

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

マイベストゲーム 2008

さて、今年も一発目は

マイベストゲーム2008!

去年2008年にやったゲームを個人的なランキングをつけ、評価する記事です。

あくまで僕が2008年にやったゲームなので、新作だけが選ばれるわけではありません。しかし新作はやったことがない人が多いと思うので、評価を少し甘くしています。またリメイク作品(DQ、FF、クロノなど)は厳しく評価。

主な評価ポイントはこの5つ

●シナリオ(ストーリー性)…プレイしてて自分が入り込める要素でもある世界観やストーリー展開など

●映像…画ですね、アニメでもCGでもプラットフォームの映像美についていけてれば僕はそれでいいと思います。

●音楽…そのままの意味

●システム(バグなども考慮)…目立ったバグは評価を一気に下げます。基本的には斬新さを高評価します。最近のワイヤレス通信はここに評価。

●ボーナス…+αにあるものです。やりこみ要素やプレゼント的なもの。まぁその他ってやつっすね

以上を小計5点満点とし、その合計値でベスト3を選出しました。何かゲームをやろうかと迷ってる人に参考になればいいと思います。

えー思い出してみると、僕が今年やったゲームはおよそ35ソフトです。

やりこみ派の僕としては例年に比べるとやや多いわけですが、この理由としてはPSPの購入とDSのソフト比率が高くて学校の通学中や授業中にやれたのと、やはりDSとPSPは容量が小さいのでたいていのゲームは80時間以上プレイすれば、やりこんだといえるものだった。

一応ほぼ採点しましたがコメントが面倒なのでベスト3にした。

さてそれでは、はじまります

3位 マリオカート(Wii 2008)

マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)

19点

シナリオ 2点

映像   5点

音楽   4点

システム 4点

ボーナス 4点

マリオカートの最新作。Wiiハンドルという新しいコントローラーでプレイすることにより臨場感あふれるレーシングゲームになった。さらにWiiなので映像に関しては文句無し。WiFiで友人と自宅で通信対戦ができるのも魅力的で知らない人ともできます。WiFi大会も行われているのでやりこみ度も高い!実は、スマブラ(Wii 2008)も19点なのですが、比較したらこっちの方がよかったので

2位 リズム天国ゴールド(DS 2008)

リズム天国ゴールド

20点

シナリオ 2点

映像   4点

音楽   5点

システム 4点

ボーナス 5点

DSの音ゲーでは断トツの1位でした。先ず、音楽がいいノリノリテンポで軽快なリズムに乗ってタッチペンを叩いたりはじいいたりする。もう買ってから半年以上たつのに、まだたまにやりたくなるやりこみ度。また、ゲーム内に登場する独特なキャラクターの絵もシンプルなのにひきつけられる。シナリオは1点にしようかと思いましたが、ミニゲームに多少あったのと2008年の作品ということでサービスしました。

1位 FINAL FANTASY Ⅻ INTER NATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM
(PS2 2007、8)

ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム(シークレットDVD同梱)

24点

シナリオ 5点

映像   5点

音楽   5点

システム 4点

ボーナス 5点

現在のFF本線のシリーズ最新作に位置する。もとのFINAL FANTASY Ⅻ(PS2 2006)のインターナショナル版になるわけだが、こんなにも高得点になった理由の大きな原因はリメイク扱いにはしなかった事である。ストーリーに関しては通常版で5にしたのでそれを引き継いだ。映像はCGもさながら通常版を超えた16:9の対応と画面のチラつきをなくすフィルターみたいな機能がすごくシネマティックななったと思ったので高くつけた。音楽においてFFを超える作品は無い。システムに関しては、ジョブシステムにもうちょっと自由度がほしかったのと、通常版と比べて変化が少なかった点で5点から減点。ボーナスは予約特典であったFF20周年記念DVDがとても素晴らしかった、あとトライアルも良かった。

最終的な結果は以上のとおりです。

決してFFのネーミングでランクしたわけではなかったんですが↑の評価のもと採点した結果こうなった。

考察としては、プレイ時間にかかわらずゲームの本質で比べられたのでリズム天国とマリカーがランクイン。本来僕はRPGが上位を占めるんですがねー意外や意外

去年はFF12IZJS(1位)で始まって、ヴァルキリーRe、幻想水滸伝Re、悪魔城Xクロニクル、DQ5リメイク、FF4リメイク、クロノリメイクなどの神ゲーが携帯ゲーム機への移植作品を出す中、やってて思ったのがスマブラやリズム天国などの新作の斬新さが生きてくる。悪魔城の新作の新システムにも驚かされ、シムシティやいただきストリートもおもしろかった。僕はやってないんすがモンハンが去年一番売れたゲームらしく、小中学生の虜になっているらしい

ゲーム業界全体が大躍進した2008年。何でも出せば売れるというまさに入れ食い状態の市場になったわけだが

その裏には新旧ゲームを交差させることにより、幅広い世代に携帯ゲーム機を持たせ興味を持たせた成功の秘訣があったのだろう。

さて、今年2009年一番最初にやったゲームは

DISSIDIA FINAL FANTASY

です。これもまたベスト2009に名乗りを上げる作品の一つとなるわけだが

今年はこれを超える作品がまだまだ出てきそうです。まぁ世界の一大事としては

DQ9とFF13が発売

RPGの二大シリーズがぶつかるのは、僕としてはあまり喜ばしいことではないんですがね

まぁFFが出たら…もうPS3を買いますよ…

それではおやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月 1日 (木)

2009年スタート

あけましておめでとうございます

今年も皆さんにとっていい年でありますように

と言っても僕は既に風邪気味です(笑

…とりあえず新年のあいさつを申しあげた。チャッチャチャース!

コマに羽子板、凧揚げ、かるたなんてやってる子供は最近みないですが

正月は何よりも「キングオブ炭水化物」の餅が解禁され、しばらくはモチ祭りです!

うちの家はちゃんとついた餅なのでうまいっす。

きなこに磯辺におしるこに、モチうめ-‐-‐

餅…ライクじゃなくてラブなんだ!イエス!フォーリンラブ!

でも、餅で喉を詰まらせないように気をつけてくださいね

今年の年始はバイトがフルに入ってるのでしばらくはバタバタした生活になりそうです

家族はみんな帰省してるんで家には残った僕と姉がいるだけ…まぁ家にいるときはテレビ三昧かな

深夜はTU○AYAでDVDを借りてきたんでそれ見て過ごそうかなと思います。

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »