« どこかに悪魔の実を売ってる八百屋がある | トップページ | ONE PIECE 54巻 ”もう誰にも止められない” »

2009年6月 4日 (木)

はたして研究に終わりはあるのだろうか…

んー…

僕の専門である物性(物質の性質)の勉強をしていると、次か次へと分からないことが出てきて収集がつかない。

僕らが、おもに着目するのは、ミクロな世界。原子、電子、原子核(中性子、陽子)のサイズでのお話。周期律表を地図にして、何か凄い物性を持った物質を作るという漠然とした研究です。

しかし、ただ勘だけで作ってるのではなく、それなりに考え予想して作っている。

その予想で、結晶構造を考えるというのがあります。物性を決定する基本的な構造で、有名なのは小学校の理科の教科書でも載ってる「塩(NaCl)の結晶」があります。

たとえば、電気が通りやすい結晶構造、磁性を受けやすい結晶構造などのように、結晶の構造によって、物質のふるまいは大きく変わってくるのである。

「自分がこれから作る物が、いったいどんな結晶構造になるか?」

これを想像しながら作って、

最後にX線解析にかけて結晶を見ると、結構楽しい。

結晶構造の勉強をしているときに、ダイアモンドの結晶の模式図があった。

Diamonds_glitter

これがダイアモンドの結晶構造。ダイヤは、炭素の同位体です。

しかし、全然固そうに見えません…

ダイヤモンドっていうのは、一番硬い物質。

単位面積あたりに、埋め尽くされる原子の割合みたいのを充填率って呼ぶんですが

一番の最密格子で充填率70%以上あるのに、ダイアモンドは充填率40%とかだった

ダイヤの中には原子が40%しか埋まってないのに、あんなに固いのかと驚いた。

物質の硬さって隣り合う原子分子の相互作用が強く結び付いてると、きっと高いと思うんでけど、もっと密集してた方が固そうだよな~

って最近思うんですが、どうなんでしょうか?

まだまだ僕の勉強不足なんですけどね(笑

何でダイアモンドが硬いのか?すっげー気になるんで

今度、調べてみようと思います。

といった感じで、次か次へと分からないことが出てきて収集がつかない。

それでは、今日はこの辺で

おやしゅ!

|

« どこかに悪魔の実を売ってる八百屋がある | トップページ | ONE PIECE 54巻 ”もう誰にも止められない” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

がんばってますな~。オレなんて夏までにテーマ決めればいいからのんびりしよぉな感じで怠けています笑。

ダイアモンドも実はトンカチであるところを一点集中で叩けば割れるとか聞いた気がする・・。確かに「固さ」ってなんだ?って考えると謎だ・・・。

でもさぁ、あんなにミクロな世界を見れても、なんだか信じられないよな!本当にあんな粒の塊で世界は全部できているのかと思うと

なんだか急に無機質な感じがしてむなしくなる・・・。粒は怖い・・。

投稿: アナゴ | 2009年6月 4日 (木) 01時40分

たしかに、「全く同じ人間なんてこの世にいない!」っていう人もいるけど

電子は、「同種粒子」って呼ばれてて、「すべて同じ、区別がつかない粒」って意味なんだよ。

僕らの体を分解していくと結局、同じ粒からできてるんだな。

そして結局、生き物が死んでも、体を構成してた粒子は新たな居場所を探して移るだけ。

人が死ぬことは粒子にとっては、お引っ越し程度の出来事にすぎないんだろうな…

なんだか急に無機質な感じがしてむなしくなる…パート2

投稿: とり | 2009年6月 4日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439691/29941659

この記事へのトラックバック一覧です: はたして研究に終わりはあるのだろうか…:

» グーグルアース [グーグルアース]
グーグルアースに興味がある方はいますか? グーグルアースで世界を調べてみましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 14時14分

» cfd 解析 [cfd 解析 ]
cfdを解析し投資計画を立てましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 15時02分

« どこかに悪魔の実を売ってる八百屋がある | トップページ | ONE PIECE 54巻 ”もう誰にも止められない” »