« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

いろんな発表

おととい、学会で自分の発表以外にも

いろいろ聞いて回ったんですが。

研究発表のいい内容と悪い内容ってありますよね?

あまり、こういう批判レビュー的な記事を書くと怒られそうなので

あらかじめ謝っときます。あくまで僕個人が感じたことです。

①やりたいことがはっきりしてない研究。
(チベーションがしっかりしてない研究)

②研究内容が成功しても、その学問の発展に貢献しない。

③個性、創意工夫が無い。

これら、3つのうち一つでもあるとわかると、発表がとたんにつまらなくなる。

今回例として、物理系の他の人のを聞いてて思ったんですが

たとえば、物理部会の発表内容が

「計算しました~(自分が頑張った説明)~結果が出ました。」

「実験しました~(自分が頑張った説明)~成功or失敗しました。」

じゃあ、聞いててつまらない。

質疑応答で

「あなたの一番興味がある物理学的な不思議はどこですか?」

「どういう背景があって、物理学のどういう貢献ができるのか?」

「どういうところにあなたのオリジナリティがあるの?」

を聞かれたときに、はっきり答えられないと、つまらない。

というか、そういうのを発表で強調すべきで質問されてどうする!?

研究のモチベーションがハッキリしてないのは論外でした。

あと発表の内容で、「一生懸命計算しました~」「たくさん実験しました~」みたいのが多くて

確かに、自分が頑張ったところを強調したいのはわかりますが、ただの努力賞です。

でも、みんな研究に打ち込んで、みんな頑張っている。僕も先月毎週3日間は、泊まり込んで実験してましたからぁ~それ以上に、頑張ってる人もたくさんいる。

頑張った内容は我慢して、工夫したところや、自分で個性が光ったところを強く書かなくちゃいけないと思う。

頑張ったからには、それなりに考えながらやってるわけですから。そこで、努力が評価されればもうけだと思えばいい。

まぁそんなこんなで、聞く側としては、ピンキリの内容でした。

スゴイ!って思うやつもあれば、全然ダメじゃん!って思うやつもありました。

話が変わりますが

研究のモチベーションって発表とかでは、もちろん「~の新発見に期待できる!」とかって言いますけど。本当のモチベーション(プライベートな)はそこじゃない人が多い(笑

でも、それはすごくいいことだと僕は思う。

うちの先輩では

「結果出して、先生を土下座させて写メを取る」

「国際学会に出て、海外の観光をしたい」

「○○を見下してやりたい」

って人もいましたし。僕の直上のM2先輩は

「奨学金免除にあたる結果をのこす」

というリアルな目標を掲げ。しかも、なんと、それが叶った。

そんな中で、僕は

「PRLに名前を残したい!出来れば2nd…」

って言った記憶がある。PRLは、フィジカル・レビュー・レターっていうやつで、物理学の幅広い分野から見てもらえるのが特徴。物理学やってる人はみんな知ってて、すごいやつなんです!

http://prl.aps.org/PRLのホームページ)

でも、こういう強い夢や目標があると、自分の強いエンジンになる。逆に、高すぎる目標を持つと、足元すくわれるけど。

僕も、足元すくわれそうだ~

ながくなってしまいましたが。

学会を通し、2週間前からの発表練習も含めていろいろ勉強になった。

いろんな人の意見も聞けたし。ぼくもいろんな研究を聞けて刺激になった。

一つの節目が終わり心機一転!

次は卒研発表まで、大きな発表会は無いな。

うーむ、○本物理学会は、めんどくさいから出たくないなぁ~

まぁいいや、よぉし明日から、また実験じゃぁー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

ゲームの選択

学会終わったぁー

緊張しまくりましたけど、まぁいい勉強になりました。

あとは、実験再開して、目指せPRL!

さてさて、話変わって

やばいよやばいよ…

FF13 を買うか

TOG を買うか

めっちゃくちゃ悩んでいます!

現状は、FF13をあきらめようという志向が強い

~FF13をあきらめようとする強い要因~

①ハイビジョンテレビを買わなくちゃいけない

②PS3を買わなくちゃいけない

③みんな注目してて、逆に嫌だ

④予約していない

⑤まだPS3が安くなると予測(それとも?)

の4つが、自分の中で、でかい

ちなみに、

前作FF12も、発売から3ヶ月後にやり始めたんですよ~

あのとき、ソフトは買ってあったんですけど

周りがみんなやっていたので

マイペースに進められないのが嫌だったんですよ。

みんながやってるときに自分もやって

もしネタばれされたとき、刺しそうになるので…

今の状況的にも、ワンピースの映画が控えているので、やりこむことができないし、確実に周りと進行が遅れる。

っていう理由です。

逆に、TOGはみるみるプレイ意欲が燃えてきた

~TOGが燃やさせてくれる強い要因~

①FFの影に隠れたおかげでマイナー化した

②今回、いのまたむつみの絵がパネェ

③すでに、Wii持ってる!

④前作ヴェスペリアからの期待大

⑤明日、予約しようと思っている。

テイルズシリーズは僕の周りでやりこんでる人が少ないので

ぬくぬくプレイできるし。

ホームページの内容がすごくよくて、ストーリーに、強い芯が見られる。

あと、Wii程度の映像なら、ハイビジョンテレビ買わなくていいし(笑

さらに、言うと12月12日にワンピースの映画があるので

FF13よりかは、TOGの方がはハマらない気がするから負担低いw

以上の理由から、

TOGが圧倒的優勢となった

普通の人なら

「素直にやりたい方(FF13)やれよ!」

といいそうですが

ゲームの選択っていうのはそんな簡単なものじゃないんです

趣味になるほどこだわりが強い人間なので

ここは慎重に人生の選択をしたい。

まぁまだ悩む時間があるので、時間をください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

研究予算は未来投資

最近のニュースを見てて

事業仕分けとかいう言葉が出てくるけど

科学技術、研究の予算が削られていくのは本当にダメだと思う。

「採算は取れるんですか?」

「いつ利益が出るんですか?」

というような、目先の利益しか考えていない役人の発言に怒りを覚えるものだ。

科学技術、研究に対する投資というのは、何十年後何百年後の長い目で見ないと結果が見えてこない。

一人の研究者がいるとして、

その人が22歳から一人前の研究者になったとして研究を着手したとしよう。

「1,2年でノーベル賞を取るような結果をみせろ!」と言われても難しいものである。

特に、研究という分野では失敗から学ぶことの方が多く

世間ではお金の話をしだして「お前の研究は、意味が無い、大きな損失を負った」などと言われるかもしれないが

それは、失敗という結果から条件出しや改善を行える、大きな進歩でもある。すぐに、その芽を潰すのは、勿体ない。

逆に、失敗から得られる新事実や新技術のほうが重要だったりもする。

そして数年後、いや十年くらい経ってやっと研究の成果というものが見えてくる。

むしろ、そんな1,2年やったくらいで発見できるような胡散臭い研究にロマンがあるだろうか…

僕も研究している超伝導なんて、発見されたのは1911年、およそ100年前ですし。

そこから、80年後に銅酸化物高温超伝導体(1986年)が発見される。(80年間の研究がやっと進歩したとも言える)

そして、超伝導体が

量子コンピューター、送電線、リニアモーター、エネルギー問題解決の糸口

なんてもものに実用化し期待されたのは、ホント現在ですからね…

2008年では、あり得ないと考えられていた「鉄が超伝導体になる」鉄ヒ素系の発見もありました。

そして、いつか常温超伝導体へ…

常温超伝導体(常温で無限電流)が発見されたら、エネルギー問題、地球温暖化問題も一発解決できるかもしれないですし。まぁそのとき、電力会社は逆に潰れるかも…(笑

つまり、科学技術に対する投資というのは、遠い未来への投資と考えてもらいたいものだ。そして、それが止まった時、人類は路頭に迷う。

目の前にあるデータと過去の傾向しか信頼できない、お堅いお役人様には、未来の世界まで考える余裕が無いのかもしれない…

最先端の研究は、その研究者しかわかりませんし~その研究をやめるかどうかは、少しリスクを背負わせて本人に任せるっていうのが一番だと思う。

それにしても、最近のニュースで著名な理系研究者が出すぎだ…

さすがに、あのノーベル集団の顔ぶれには、鳩山さんも圧倒されてたなぁ(笑

教科書の人たちだもんなぁ

ははは

…はぁ…はっ!?

あ!やべ!明日学会だ!

発表練習…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

Freedom train

B'zのMAGIC"Freedom train"という曲に

みなさん、何かにつけて自由自由って言いますけど

別に自由はあなたのものでも、楽なものでもありません

自由への道は時としてつらく、寂しく、険しいのです

という語りかけ調のフレーズがある。

まずフレーズの前に"Freedom train"という題名が面白いので一言。

電車って、

●時間に正確

●レールから外れれて走れない

っていうイメージがあって自由とはかけ離れたものの象徴とも言えるわけですが

そこをあえてくっつけてきたところが、また稲葉さんっぽいところです(笑

初めの 3行のフレーズ をじっと見てみると

自由って何だろう?と考えさせられます。

自由ほどあいまいな表現をしている言葉って他に思い浮かばない。

そして、自由というものほど困るものはない

もし、就活中に面接官に突然

「この部屋で自由になんかやってみて!」

と聞かれたらと思うと怖くなります。無茶ぶりもいいところ…

結局、世の中で生きるためには、物理的なルールや法律に従っているわけで、決して自由なわけではない。

自分がどれくらい自由なのかどうかもわからない。

上の歌詞の続きで…

幸せはどこにも落ちていない 自分の中にある

選んだレールの上にしかないもの それこそが自由

結局、辞書に定義されている「自由」と実際の自由は全然違ってて、何かに束縛された中にあるもの。

人ぞれぞれ異なるもの、しかし、それもまた大きな目で見たとき「自由」じゃないものかもしれない。

そう考えると、最終的に

僕ら人間は、ルールというレールに乗った自由を振舞う電車のようなものなんだろう…

We're on the Freedom Train!!

おぉ!そういうことか!

と、こんな感じで、新曲の稲葉さんの歌詞を楽しんでいます。

ちなみに、初めに題名が面白いと言いましたが

これまでの曲名でズバ抜けてスゴイのは

「太陽のKomachi Angel」

「ULTRA SOUL」

です。この曲名の発想は考えられない。すごくインパクトがあって伝わってくるものがある。

そうですね。B'zは曲名を見るだけでも楽しいかもしれません。奇抜なタイトルが多い。長い曲名は覚えてくれないとしてタブーとされていた「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」や奇抜すぎる

「ギリギリChop」もなかなかいい線ですね。

結局、ギリギリでチョップするのかしないのかどっちなんだ!?

ははは~

では、おやしゅ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

プレゼンの極意を学び中

今週末、学会発表がある。

どこの学会でも同じだと思いますが

大きく分けて二つの発表形式がある。

一つは、ポスター発表

これは、一つの部屋に、異なる発表をする何人かが集まって

ボード(壁)にパワーポイントや資料、図面など貼り付けて

学会に来た、通りがかりの人に興味を持たせ、一人一人に発表してく形式です。

そして、もう一つがオーラル発表

これは、広い教室や講堂で、壇上に一人立ち。

大勢の人を、教室に入れて、決められた時間内に

パワポなどを用いて1対多で一気に講演する形式。

多くの場合、ポスターとオーラルでは

オーラルのほうが場所を取るため人数制限がある。

そのため、オーラルは研究内容によってポスターに回されたりする。

今回、運が良かったため僕はオーラル発表に選ばれた。

先輩曰く「ポスターより、オーラルのほうが大変でいい勉強になるよ!」

と経験談を語っていた。実際にやってみても、ポスターよりはるかに準備が大変だとわかった。

そして、今週、オーラル発表の準備を着々と進めています。

先週の時点でパワーポイントは、完成しました。
(パワポ作制もかなり大変でした。赤ペンが血文字で直された感じ)

先生からも「じゃあ、発表練習に移れ!」とGOサインが出たので、あとは、必死こいて練習あるのみです。

①「声大きく、滑舌はハッキリ、背中を向けるな」

②「セリフを覚えているのは当然、何も考えなくてもセリフが廻るようにして来い!」

③「自分が満足しても、もう一回」(無限練習ということ)

これがうちの研究室でのプレゼンの基本。独特な練習方法も伝授してもらった。

しかも、この①②は、最低限のレベルで、ここまで出来てから先生のチェックが入る。

いわばスタートラインがこの①②。ここまでは、先輩たちがチェックしてくれる。

そして、今日僕も①②が完了し、BOSSへの御前発表が始まった(笑

結果は、ボロクソ言われました。

でも、先生の訂正後のほうが圧倒的に説得力ある説明になったので

やっぱり、まだまだなんだな~と思いました。

こうやってプレゼン能力は鍛えられていくのだろう…

このまえ、東京で大きな学会があった時に先輩の発表を聞きに行ったことがあるんですが、やはり立派なものでした。

この一週間は、全身全霊で発表練習をすることに決めました。

あと、質疑応答に備え、理論固めが必要だ。

実験やる時間が~

では、おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

その「1杯だけ」が命取り

このまえ、飲み会の時に、ある人から

「お前、一段と酒に強くなったな…」

と言われた。お酒って簡単に強くなるものなのか?

と思いつつも

言われてみれば、最近、潰れることが少なくなった気がする。

その時は、適当に

「冬だから、体温が上がりにくいんだよ、きっと」

意味不明な返答をしたんですけど。

僕は基本的に家でお酒を飲まない!2回くらいしか飲んだ記憶が無い。

っていうか、お酒って一人で飲んでも面白くないと思います。

誰かがいて、普段話せないことを話すから面白いわけで

一人で酒を飲んでても、寂しくなるだけなんですよ。

なので、お酒が鍛錬して強くなるとすれば

100%あの研究室のせいです。

一週間に2、3回は飲み会やってるので。明らかに、飲む頻度が増えた。

全てに出てるわけじゃないですけど、結局、夜遅くまで実験して、4年部屋に戻ると勝手に始まってるわけですよ…そして、

先生がいたら逃げられない(笑

「堅いこと言わず、1杯だけ付き合ってけばいいじゃないですかぁ」

と言ってくる。

ドラクエで言うと、「逃げ出した。しかし、囲まれてしまった。」状態。

飲み代は、ほとんど先生方が負担してくれるし、僕も飲み会が嫌いな人間じゃないので、終電までに帰れればいいんですけど。

おかげで、いろいろなお酒を飲ませてもらったので(院生が学会で世界中回る度にお土産で酒を買ってくるため)勉強になりました。

でも、やっぱり肌に染みた日本酒が一番です(オヤジか!!)

まぁ、そんなこんなで

これが、最近のとりのお酒事情です。

12月、1月は「忘年会」「新年会」など飲み会シーズンなので、せいぜい体を壊さない程度に、お酒をたしなみたいと思います。接待…(汗

※お酒は二十歳から

ではおやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

ワンピのアニメサイト炎上

明日、バレーのグラチャン最終日

日本 対 ブラジルですよ~

ブラジルのジバ(世界No.1プレーヤー)が、現役なので必見です。

世界一のバレーボールを見よう!!ブラジルッ!ブラジルッ!

日本なんて、どうせ瞬殺されるんだろうなぁ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さてさて、さっき

インターネットのニュースで

ONE PIECE 公式HP炎上

という記事があった。

さっそく、東映のワンピースの掲示板をのぞいたら閉鎖していた。

どうやら原因は、あのオープニングの件らしいです。

「オープニングがとにかく変!」

「シリアスなシーンで『フー!』とかいらない。」

「ワンピースにヘキサゴンが関わるな!」

というような書き込みが多かったようで、炎上したそうです…

こんなことが起こるなんて、残念ですねー

僕も、このブログで、ちょっと合わないなぁとは言ってしまいましたが

もちろん、掲示板には、そんなこと書きこんでませんよ。

それよりも、ワンピのアニメ版を批判するなら、スリラーバーク編の「進行が遅い!もっとオリジナルストーリー挿めばいいじゃん!」とかじゃないかな、普通…(笑

僕個人としては、そっちのほうが気になるんだけど。

そもそも、番組のオープニング曲を批判してニュースになるっていうのは異例な気がする。

多分、今までの主題歌が良すぎたんですよ~

なので、我慢しましょう。たまには、失敗もありますよ。

でもでも

映画の主題歌はミスチルですよ!

ミスチルなら、文句は無いんじゃないでしょうか…

今の音楽界、ミスチルより格上のミュージシャンって言ったら、それこそB'zかスピッツくらいしかいないわけですし。

ワンピースの曲は、ミスチルが完全に合ってます!

B'zじゃパンチが強すぎるし大人の理由が…スピッツは逆に弱い。

今年は、映画が待ってるんだから、盛り上がっていきましょう!

っと言いながら公開日まで

あと20日…

ん?まだ20日?もう20日?

微妙なカウントダウンスタートだった(笑

では、おやしゅ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MAGICはハイテンポ

おととい発売したB'zのアルバムMAGICを何度か聞いたんですが

懐かしい斬新さだ!

っていう一言です。

最近のB'zと

結成当初のB'zとを融合させた

古臭い歌謡曲風+MONSTAR的ヘビーロック

という感じなんです。説明しにくいな…

↓でおなじ説明します。

~曲目リスト~

1. Introduction
2. DIVE
3. Time Flies
4. MY LONELY TOWN
5. long time no see
6. イチブトゼンブ
7. PRAY
8. MAGIC
9. Mayday!
10. TINY DROPS
11. だれにも言えねぇ
12. 夢の中で逢いましょう
13. Freedom Train

2年間アルバムを出さなかったからか

ため込んだものを一気に放出したっていう風に伝わってきた。

そもそも、イチブトゼンブ、DIVE、PRAY、MY LONELY TOWNのタイアップ4曲も入ってる時点で、B'zにしては表に出す曲が多い気がする。

ハイテンポでゴージャスな曲が多く

8曲目のMAGICという曲は、久々にドカーン!と来ました(笑

松本さんいわく「会心の出来」とのこと。

ゴージャスな歌謡曲の雰囲気と

最近のB'zが育てたヘビーロック

この二つがみごとに融合した、質の高いロック。

イントロのギターをカキならしも痛快!

サビの「~ままマジック!」っていうのがすごくいい!

みんな「マジック!」ってところはみんな叫びそう。

あと、アルバムのオリジナル曲では

long time no see

の歌詞は、いつもの178節炸裂で

いつだってlong time no seeってなもんで

という、またすごい組み合わせフレーズだと思いました。(ってなもんでって…)

僕的な今回の一番は、やっぱりDIVEですね。

ラララララ、君と手をつないで

ラララララ、未来へとDIVE!!

はピエロ以来の衝撃を受けた。DIVEは、心底ノリノリになれる。

他にも、松本さんのギターソロパートは、どの曲でも本当にシビれます!

前回定義した、いい曲だからこそソロパートも生きてくるんだろうなぁ

やっぱりB'zのロックが一番だ!

MAGIC#初回限定盤##DVD付# Music MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:B'z
販売元:VERMILLION RECORDS
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ボ~ジョレヌーボ

ボジョレーではなくボ~ジョレだそうです。

昨日ボージョレヌーボ解禁日に、研究室でボ~ジョレパーティーがありました。

解禁日にさっそく、僕も飲んだわけですが

う…微妙…(笑

って感じでした。

もちろん、みんなはおいしそうに飲んでましたが

まぁ21歳にもなると…いや、あの研究室で生活していると、嫌でも多種多様なお酒を飲むわけで

そんな中、「実は自分、ワイン苦手なんじゃないか?」と思いはじめてて

最近、ワインが美味しいと思えなくなってきた。

もちろん、嫌いというわけじゃないんですが、日本酒とワインが置いてあったら、日本酒をあけるって感じです。

逆に、昔、飲めなかった焼酎やウィスキーが飲めるようになって

「これおいしいな!」

ってやつが多い。

あと、ワインと一緒に出てくる、青カビさん(笑

あれがあまり得意じゃないかも…

まぁそんなこんなでですね。

昨日の飲み会は、すごいことに

研究室のOBも来て、うちのW研グループ(初めてBOSSのイニシャルだしたかも…)が勢ぞろいした。

いつだかも言いましたが、僕の代が第4期生なので、マスター組

第1期生 1人(社会人)

第2期生 3人(M2)

第3期生 2人(M1)

第4期生 3人(現在4年)

と、同窓会をやっても10人未満なのですぐ集まる(笑

その代わり全員が全員のことを知ってるので、結束力は強いと思います。

だからうちの飲み会は、すごいですよ~BOSSも若いですからね~

昨日は、多くの犠牲者がでましました(笑

でもそういう出来事が、次の酒のつまみになるわけで、うちは上下関係も仲もいい楽しい研究室です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

MAGIC発売

明日、B'zのアルバム「MAGIC」出るんですよ~

MAGIC#初回限定盤##DVD付#

2年ぶりのアルバムとあって、ファンは楽しみにしてた一枚です。

この2年間のB'zの軌跡はすごかったです。

○全国ライブジムツアー2回

デビュー20周年記念のライブジムPleasure 2008 
(神戸・愛知・横浜)

○イチブトゼンブなどシングル2枚

○各々のソロ活動

特に僕も見に行った2008/09/21のB'z誕生20年は一生の思い出です。

このアルバムに入ってる主な曲は

イチブトゼンブ (ドラマの主題歌)

●DIVE (サマソニOP、スズキダイハツのCM)

●MY LONELY TOWN  (軍艦島のやつ)

●PRAY  (映画の主題歌)

ってところですかね。

特に、イチブトゼンブは、ブザービートの主題歌でしたな!聞いたことあるんじゃないでしょうか。

ちなみに、DIVEは本当にいい曲でしたよ。DIVEだけでも3000円だす価値ありそうです。

僕は「本物の良いロック」っていうのはB'zのような曲だと思ってます。

作詞してる人が詩を歌ってる。

作曲してる人がギターで演奏する。

B'zの場合は全ての曲が作詞稲葉浩志、作曲松本孝弘なので、コンサートでのアレンジがヤバイ。

だから、人間と音楽が究極のマッチを起こして

音楽にリアルという感性を与えてると思うんです。

↓Pleasureシリーズなんか神だもん(笑

まぁそんなこんなで記事を書いている間に、今日発売になりました(笑

では、おやしゅ!

MAGIC#初回限定盤##DVD付# Music MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:B'z
販売元:VERMILLION RECORDS
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

劇場版連動アニメ

いやー今日のワンピースはよかった。

劇場版と連動したストーリーが始まって

9人そろった麦わら一味を久々に見た感じがします。

だた、新しいオープニング曲が若干合って無い気がするのは僕だけかな…

まぁ前回の東方神起「シェアザワールド」が良すぎたせいかもしれない。

普通の感想を言ってもつまらないので

僕なりの気付いた視点をいくつか

今回、矢口真理が声優をやっていた。

オープニングで名前が出てたので、すぐにわかりました。

矢口真理は芸能界でも有名なワンピースファンで

グッツをいっぱい持っているとテレビ番組でよくしゃべっている。

きっとワンピの声優をやれて幸せだったんだろうなぁ~

で、ですねこれは予測ですが

オープニング曲には矢口真理の声らしき感じがしたので

おそらく今回のオープニングはヘキサゴンファミリーと推測!
(まだ、作詞作曲、歌手は明記されていない)

ワンピースとヘキサゴンの最大の接点は

田中真弓さん

って人が、ルフィの声とヘキサゴンのナレーションをやっている。
(ちなみに、クリリンも♪)

おそらく、矢口真理もこの関係かと思われる。

あと

アニメ画のクオリティーが格段に上がった

これは、映画作製に伴いアニメ版からオダッチの指摘が入り始めたと考えている。

ロビンとウソップが特に変わった気がする。

オダッチの絵に近づこうと努力しているのが見えた。

これを期に、アニメがより一層レベルアップするといいなぁ

ただ、あのオープニングだけは…(絵はよかったんだが…)

まぁ、そんなこんなで、ワンピース劇場版たのしみすなぁ~

最低でも2回は見る予定です!

てか前売り券をもってるしな(笑

3回はタダで見れるようなもんか…

では、おやしゅ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

解禁されるのは

たくさん寝たら元気が出てきた。

とりあえず、今回の失敗にもめげずにまた頑張っていこうと思います。

でーですね。

うちのBOSS(研究室の先生)の話をしたいと思います。

彼の経歴は、T大を学士、修士、博士とストレートで上り

研究員になって、うちの研究室に教員としてきた。そして僕が4期生。つまり去年修了した人が1期生なので、新しい研究グループである。

わがグループの最大の武器は

作る技術力

なんですよ。T大ですら作れないものをうちは作ってます。BOSSは、それをドンドン昇華させようとしている。最近では、他の研究施設から作製依頼が来るほどで、他大とも共同研究で交流が多いのも特徴。

僕の研究テーマである今回の実験も、真骨頂「他では作れないものを作る」がモチベーション。

これには、自分で言うのも恥ずかしいけど、とにかく体力と根気と努力が必要になってくる。

なぜ、そこまで自分が頑張れるかっていうと、実験が好きって言うのもあるけど

BOSS自身も実験をやりまくってるから

という理由がある。

普通、助教とかになってくると、学生の授業や講演会とかで忙しく、研究室のマスター、ドクター、学部生とかに実験をやらせたりするものだと思うんですよ。

でも、うちのBOSSは自ら装置を動かして、僕らと混じって実験をやってます。さっき言った、他の研究施設から依頼があったやつとか作ってる。

もちろん、授業とかあるので昼間は通常業務をやっているんですが

夜遅くは実験してます。スゴイときは、朝7時に来て夜12時まで実験してる時がある。

まぁまだ若いからかなぁ。

かわいいお子さんと奥さんが家にいるのに…大したもんです。

それを見て、自分のBOSSがここまでやってるのに、自分がこの程度であきらめちゃいけないなってなるんですよ。

若さじゃ負けられませんからなぁ

まぁそんなこんなで自分のBOSSを心から尊敬しています。だから自分も頑張れる。

ただ、BOSSは酒にも強いのが難点だ

木曜日は「祝ボジョレー解禁」飲み会だそうです(笑

体力消費する研究室だなぁまったく…

無駄な体力は解禁せず禁止にしてほしいものです。

ちゃんとオチがついたから今日はこの辺で

おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

52時間36分

今週は地獄でした…

月曜から金曜まで泊まり実験+ゼミが自分の番+研究中間発表

ここまでいろんなことが重なると泣けます。

まぁ何より泊まり実験なんですが、今回

52時間36分
(準備、かたづけを含めたら70時間はいくな…)

ぶっつけで動かした。つまり、53時間は寝てません(仮眠は少しとったけど)。

徹夜も最長記録か(笑

さすがに52時間も実験やってると体力(睡眠)的な問題はもちろん

精神状態が完全崩壊します。

しかし、サンプルはできませんでした…

リアルにヤバイですよ~

まぁ本当に、僕のサンプルは作るのが大変です。言う事を聞いてくれない物質です。逆に作れた時は、研究者として一気に勝ち組なのだ。誰も作れてないので。

もしサンプルを作れて測定し、新しい超伝導相の発見になったら、自分の名前で「○○相(状態)」って新しい用語をつけれる。きっと、誰かがやらなくちゃいけない仕事だし。

そこらへんのモチベーションは強い。

…ただ、今回は疲労がモチベーションを完全に上回り精神崩壊した。

そう、それだけのことです。

今週はタダ疲れただけなんです。

52時間実験やっても結局失敗。

あー意味のない一週間だった…もう自分ダメなんじゃん。

そんなこんなで、相当へこんでます。

愚痴はこの辺にして。

寝ます。

おやしゅ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

きっとジャンプ派だな僕も

毎週月曜日、研究室には必ず3冊ほど

週刊少年ジャンプ

という漫画雑誌が置いてある。(僕は、コミックス派なので読まない)

言わずと知れた国民的な週刊誌ですが、意外と知らないことが多い。

ジャンプの中でも一番有名な漫画は?と言うと、僕が出てきたのは

ONE PIECEかドラゴンボール(両方同時に出てきた)

このまえ、テレビ番組でジャンプの特集をやっていたときいろいろ知った。

まず、

1968年創刊

これを見て、意外と古いんだな~とか逆に新しいんだな~って思ったりすると思うんですけど。

僕は、新しいな!って思いましたね。

漫画っていうのは昔から、手塚治虫さんとかいたわけだからずっごい歴史あるものだと思っていた。

なのに、あの有名なジャンプはまだ創刊40年しかたっていないのか!って感じです。

でも、ジャンプの40年ってスゴかった。

作品を古いものから

マジンガーZ、キン肉マン、こち亀、ドクタースランプ、北斗の拳、シティハンター、ドラゴンボール、ジョジョ、スラダン、幽々白書、ぬーべー、ラッキーマン、るろけん、まきばおー、マサルさん、ONE PIECE、ハンターハンター、NARUTO、・・・(多い)・・・、銀魂、リボーン、D.Gray-man

結局、ずーっと連続的に誰もが知ってるような漫画ばっか連載してる。

これを見たときに、大人がよく言う

「ジャンプってやめるタイミングが無いんだよなー」

に納得しました。

僕も、ジャンプをちゃんと読み始めたら、きっと抜けられなくなるなぁ~

ジャンプを読んでる人が毎週読むのがよくわかった。

それでは、おやしゅ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

実験の山場

来週、とんでもなくキツイかもしれない…

今月末の学会に備え、とにかく結果を求め

月、火、水、木が徹夜実験の可能性大で

特に、月曜日は

2時間目に通常のゼミナールがあって

5、6時間目に物性合同ゼミナールがある。

物性合同ゼミは、主に研究の中間発表会って感じで、うちと他の二研究室で、毎回2,3人の当番が決まってて順番で回ってくる。

しかも次が、僕の中間発表会の日である。

まぁ、パワポは使いまわしで(笑

適当にやります

それよりも、実験しないとヤバイっす!

本気で、追い込まれてきた…

次でサンプル完成しないと、リアルに卒研に間に合わないかもしれない…

毎週毎週泊まり込んで実験しているのに

もう、どうしよう…

こういうとき

ぼのぼの「もうだめだ~」

を見るとすごく安心します(笑

ぼのぼの偉大!

ではおやしゅ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

不思議だからやらなきゃ

ヤバイ更新率が落ちまくってる。

少なくとも学会までは、こんな感じになりそうです。

最近、学会対策で実験よりも理論に比重をかけていて

今日、先生(うちのボス)と3時間近くも研究の事で議論したせいで

すっごい疲れた…

内容は、超伝導ギャップの対称性の話で

クーパー対形成に関する事。スピン1重項(シングレット)とか3重項(トリプレット)とかありますよね。まぁそこらへんの話です。

対波動関数が非対称な軌道を描くとき

異方的超伝導としてふるまうんですが

教科書とか論文では「数学的にこうなる!」というような説明で

頭の中でのイメージができなくて悩んでいた。

すごい難しい内容なので、こんなブログで書けるような内容じゃないんですが

とにかく、今日それが頭の中で描けるようになってきて、議論はとても有意義なものだった。

まぁ、そんなこんなで

超伝導って、すごい不思議現象なんですよ!

いわゆるBCS理論の通用しない超伝導体において

クーパー対を形成する(超伝導になる)起源が物質系によって異なってて

それがほとんどわかってない。

物理って他にも、素粒子とか宇宙とかありますけど、これらは「謎だ!解らない!」って感じ。

超伝導は、「なんで?不思議だ~」って感じ。

目の前で、不思議現象が沢山起きているのに

人間の頭脳がついていけてない。

そんな学問。現に、理論から導かれた事実は、結構間違ってて、実験から導かれる現象から事実を得ている。

人間が考えてることをあざ笑うかのような、物質の性質が次々と発見されていて

はたして、完全な理解ができるのだろうか…

社会現象になった銅酸化物高温SCも、理論的にはまだ謎多きものですね。

と、こんな感じで

改めて超伝導って不思議な現象だと思いました。

では、おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

ネガティブホロウ①

今日、研究室に後輩の女子が来て、しょうもない会話をしていたんです。

それで話しながら、手では銀紙で鶴を折ってて、その鶴にエタノールを「おりゃおりゃ!」ってぶっかけて遊んでたら

その子がじっとこちらを見て

「○○さん(僕)って、一人でも楽しそうですよね~」

とりあえず

「よく言われる」

と返したんですが、心の中には深い傷を負った。久々にショックなこと言われました。

(その子に恋心を抱いてるわけでは無いですよ!)

異性から言われると、かなりショックです。

以前にも同じことを何回か言われたことがあるんです。しかも、いずれも女子なんですよ…

つまり僕は、女の子から見るとただの楽しい、バカな奴ってことですよ。

理想としては「頼りになる男」って思われたいんですが、かけ離れすぎててホント悲しい。

僕は、もっと尊敬されるような上司になりたいんだぁー!

…というネガティブな話題でした。

はぁ、にしてもショックだ~

おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

考えるとり

最近、学校に高校生が来てキャンパス見学みたいのをしてきます。

いやぁー自分は一回しか行った記憶が無いな~(笑

さて、こないだ高校生に「物理の魅力って何ですか?」なんて聞かれた。

物理の魅力かぁー、深く考えたことが無いので自分でも悩みました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

他学の人と比べて時間を費やしている事は

考える

ことだと思う。理系でも、建築や電気や機械系なんかは、考えてから手を使って作るという作業があるので、あまり、考えることばっかに時間を割けない気がする。

その点、物理は考える時間がメインになる。

物理でも、理論系に進めば、机に座り頭をフル回転させ、真理をつかもうとすることがメインになるだろうし。

僕みたいな実験系でも手を動かしながら「ああしたほうがいい、こうしたほうがいい」って考えることもある

何より、測定から得られたデータは「なんでこうなったんだ?」って考える。

新しい結論を導くためには、必ず考察という道を通らなくてはならない。

だから、考えることが好きな人は、きっと物理に向いてると思う。

あと、物理と似てるのが数学だと思うんですけど、数学と物理の違いは

戦闘相手で、物理は自然。そして、数学は脳(人間)だと思ってます。

自然を勉強したいか、人間を勉強したいかって感じかな。

僕は、化学寄りの研究しているので、物理を語る資格は無いんですけど~

それでも、固体物理の大前提は量子統計物理なので、結局、物理の勉強ばっかしてます。

物理の勉強なんかしても役に立たないなんていう人もいるけど

僕は、物理の進歩って人類の進歩に直接関わってると思うんですよ。

産業革命以降のエネルギーの進化(火力→原子力)なんか、まさにそうだし。

そういった点に、学問としての魅力はあると思う。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

てな事を喋ったんですが(建前としてね)

本音は、潰しのきく学問です。

物理から数学へ行く人もいれば

僕みたいに化学系に転がりかけてる人もいる。

他にも、建築や機械に行った人も知ってるし

医学系に行った人もいるらしい。

卒業後はバラバラ、うちの研究室なんか精密機器メーカー、医療機器、印刷業界に進む人がいます。ただし、開発・研究職の人が多い(M2の進路が特に)。

結局、よくわからんです!よくも悪くも、進路は広い。ただ、遠回りしそうです。

では、なんかグダグダ記事なので

おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »