« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

カップめん愛好家

一日に一回は食べると言っても過言ではない

カップラーメン

または、「カップメン!(Cup Men!!)」なんて愛をこめて呼ぶ人も。

日本人の食文化にすっかり定着した食べ物である。

中でも、僕は「わかめラーメン」がコスト的にも味的にもちょうどよく好きだ。まだ、これを口にしたことが無い人はただちに食べるといい。

さて、今日は、そんなカップめんシリーズのエース「カップうどん」に一言物申したいことがあるのだ。

パッケージの色を統一させろ!

この一言で感づく人も多いだろう…

↓パッケージ色と麺種に着目

赤いきつね(うどん)

緑のたぬき(そば)

どんベエ天そば

どんベエうどん

という紛らわしさ。

あーかいきつねとみどりのたーぬき♪

っと色で覚えていると

どんベエを買う時に、逆になるから気をつけた方がいい。

これまで多くの探検家が、これで命を落としているとかいないとか…

とにかく、どっちが先に発売されたのか、どこの食品メーカーだか忘れましたが、是非統一してもらいたい。

あと、日清のスープヌードルとカップヌードルライトとカップヌードルのパッケージが似すぎててヤバイ。

せめてBG模様くらいは変えてもらいたいものだ。

小さいことですが、もう我慢の限界だったので書きました。

カップめん愛好家として、さらなるカップめんの発展に期待している。

///

すごくどうでもいい記事でした(笑

それでは、おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

バードピアが…

うちの研究室は同じフロアに物性関係の5つの研究グループが混在している。

毎日同じ4年部屋に収容されるわけですから、4年はみんな気持ちの悪いくらい仲がイイです。特にW研とT研は、同じ装置を共有してることもあり、自然とコミュニケーションをとるようになった。

中でも、最近、僕を含めた4人組グループ

W研の僕、W研のN君、T研のT君、T研のAさん

は、さらに仲が良くなったのである。完全に意気投合してます。昼飯も毎日一緒に食べに行ってるし、買い物も一緒に行ったり、遊びにも一緒に行きます。

僕にとっては親友レベルまで来た。

来週は、唯一横浜在住の僕が案内する横浜観光ツアーに行くことになった。

こういうののきっかけは、大抵Aさんの「横浜いきたーい!」という一言で始まる。

そして、僕らはそれに巻き込まれます。女王様に逆らうと殴られますし…

現に今まで、「ぼのぼの読みたーい!」「クリスマスパーティーやりたーい!」などなど、彼女の願いを全て叶えている気がする(笑

(女装だけは阻止したい…)

まぁ僕とAさんだけで横浜っていうのは、男女関係的にまずいので

T君をあわてて誘って、一緒に行くことにしました。

ただ、僕が観光コースに組み込んでいた施設が一つなくなっていた。

バードピア閉店

僕の中では、横浜随一の思い出作り最強スポットだったんですけど

無くなってて残念です。おととしだかに閉店したらしいです。

横浜在住の多くが知っているこのトリ占動物園。

トリ好きな僕にとって、ダメージがデカイ。

とりあえず、明日、Aさんにバードピアが閉店していることを告げよう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

激動

えーっと先週あたりから記事が長く空いてしまいご心配をおかけしました。

自分と先週の金曜日に会った方は何があったか知ってると思いますが

当ブログでもちゃんと説明しようと思います。

先週の土曜日に「卒研発表会がありました」という記事を書きましたね。

実は、卒研発表会の前日に自分の母方の祖父が他界しました。

金曜日の昼、友人らと卒研圧力に抑えつけられながら昼食を食べていると、母からの一通のメールにより、その知らせを聞きました。

明日が、卒研発表会ということもあり、ただでさえ、パワポを完成させていない自分は何をどうすればいいのか分からなくなり。

母に電話し明日の事情を話すと

「卒研なんちゃらがあるなら、とりあえずそっちにいなさい。」

という待機命令が出た。

そのあと、すぐに自分の先生に「祖父が亡くなって…」と言いに行くと

先生は、

「誰かにポスター張っといてもらえればいいから、今すぐ、おじいちゃんとこ行ったほうがいいんじゃないの? 君は学会にも出てるから、その時のポスターをそのまま使ってもいいし。」

と気を使っていただき、速攻でポスターだけ完成させ印刷し、信頼してる友人にこの一件の話をつけといた。

そして、バイト先や、日曜、月曜日に遊ぶ約束をしていた友人らにもこのことを言ったりと、バタバタテンヤワンヤ。

それが一段落し、夕方、改めて学校から母に電話

「もう、今すぐ新幹線で行けるけど、どうしよう?」

と相談した。すると、泣き崩れている母から

「お通夜が、月曜になったから、明日の発表会をちゃんとやってきなさい。あさって、日曜に車で来てほしい。」

と言われ、また先生や友人に明日の発表会はやっぱり出れますと伝え、夜までバタバタしてた。

そして、バイト先にも金、土、日とシフトが入っていたので、電話でさっき休みにしたのですが

夜の11時ごろ直接、バイト先に出向き挨拶だけしてきた。

まぁこの金曜日が、尋常じゃない忙しさでしたね。ただでさえ、前日は実験で学校に泊まっていたのに。

そして、土曜日は前回の記事の通りです(笑

日曜日は、朝早くに祖父宅へ向かい会いに行った。

この日は、ずっとおじいちゃんのそばを離れることなく、お線香を切らせないように祖父宅でのんびりした。おじいちゃんの体が家にいる最後の晩なので、なるべく起きておこうと思い、寝なかった。

あとは、月曜~火曜は葬儀関係でバタバタです。全然寝る時間が無くて、先週の水曜から学校の実験で寝てないので、頭が常にぼーっとしてる感じです。

…とまぁそんなこんなで、さっき終わりました。

すごく優しいおじいちゃんだったので、きっと向こうで僕を見守っててくれると思います。

あと、明日の午後から学校に復帰しようと思います!

●授業のレポート2種

●ゼミナール最終課題

が今週の金曜が〆切りなので

まだ、当分寝れそうもありませーーーん!

でも、頑張ります。

子供のころから、おじいちゃんに耳が痛くなるほど聞かされた言葉

「行きたくなくても、ちゃんと学校に行くんだよ!」

この言葉を胸に刻み、これからも亡き祖父との約束を守ろうと思います。

最後に

このたびは、先生や友人にも迷惑をかけてしまい、ご心配おかけ申し訳ありませんでした。

おかげ様で、ゆっくりと、おじいちゃんを見送ることができたと思っています。

この場もお借りして、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

卒研発表

今日、卒研発表会がありました。

形式はポスター形式で、僕はポスターは初めてです。

以前の学会は、オーラル発表だったので、その使いまわしで、パワポ作製や準備としては2時間くらい、前日のみで全て終わりました。

どうせ、自分の研究は他の人と比べると

量子統計力学の電子物性の基礎がわかり

かつ

実験系で理論にも強い人

かつ

最近の磁性超伝導にも詳しい人

という人のためのパワポなので、僕の発表を聞くには、かなりの予備知識が必要なんです。

簡単に言うと、僕の研究を理解することすらゲロムズです。しかも実験方法とかもムズイですし…

どうしても、内容がぶっとんじゃうので、そこは、あきらめました。

しかし、ポスター発表はすごく疲れる。

なんせ来る人来る人に

同じことを何回も説明しなきゃいけない!

これが一番めんどくさいです。

今日の卒研発表会は、「お客さんがいないときは自分も他人の発表を見に行っても良い」というルールなんですけど

何故か自分の発表が意外と人気があって、ちょっとしか回れなかった。

①N君

②K先生

③H先生

④T君

⑤女子軍団

たちに最初から発表しました。

計5回、2時間以上も同じことをしゃべり続けたので、喉がかれました。

特に、②③の先生への発表が疲れました。

質問の量が多いすぎです。

②の先生は超伝導とは関係ない先生なんですが、量子論に詳しい先生でして

僕の研究には、量子力学と統計力学のからくりが深いので、その部分での議論が主でした。僕も自分の物質が絡んでる量子物性理論はめっちゃくちゃ勉強したので、結構マニアックな話まで突っ込みました。

しかも熱心に聞いてくれる先生で、とても自分の発表の練習になったんでよかったです。

もう一人の③先生は、半導体?を専門にしてる先生でして、僕の物質の物性に興味を持ったみたいで、どっちかっていうと「材料」としての応用性について突っ込まれた感じです。

僕の興味はあくまで「材料」ではなく「物理」なので、議論に若干温度差がありました。

まぁそんなこんなで、②③④の後に、いつもの女子軍団に絡まれ大盛況。

自分のボードの周りに人口密度が集約して暑かった…

飲み会時、最終的に、また女子軍団に絡まれ自分のキャラ崩壊です。

僕が逃げるように去っていく時に

「もう、女装決定だから!」

と吐き捨てられ、勝手に決行されそうです。

どいつもこいつも!(怒

結局、研究室戻ったら、今度は研究室で飲み会があり、一日酒をいただいた日でした…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

TOG全クリした

テイルズオブグレイセス全クリしました

パチパチ(^O^)/

テイルズシリーズ中でも、今回は特によかった

全くストレスが感じなかった。こんなゲームは久々ですね。

以前、ストーリーが良いって言いましたが、これは間違ってなかった。

友情をテーマにして、友達を守りぬく、守る強さを考えさせられるストーリー。

エンディングは予想外の展開だったしスゴイ感動した。

主人公アスベル・ラントは、物語中終始、まっすぐな男で

多くの挫折を味わいながらも、立ち上がり強くなっていく人物

「全てを守ることは、そんなに無理なことなのか…」

そう言いながらも、自分の夢や責務をやりとおす。

物語を引っ張っていく力のある主役中の主役

他のテイルズ史の主人公とは格が違いますなぁ(笑

テイルズの中では一番まともな主人公でした。

下の動画はエンディングの一部なので、ネタばれ注意

これを、見れば主人公がかっこいいのがうかがえる。

エンディング自体も2転3転してます。

この流れから、ベタなパターンで行くとラスボスとともに、仲間or自分が死ぬというのが正当なんですけど

主人公が、出来るヤツなので

仲間も守りぬいて

ラスボスすら改心させ生かすという

これ以上無いハッピーエンドで…

とにかく、今回は主人公がスゴく良かった。

さて、あさってに完全攻略本が出るので、すぐに2週目に突入したいと思います。

まだまだ称号が埋まってないんだよなぁ~

こりゃしばらくやり込みダナ。

では、おやしゅ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

卒業できると思ってるの?

来週、卒研発表会という発表会があるんですけど

前回の学会のパワポを完全使いまわしする方向に決めた。

ただ、ポスター形式なのでアニメーションを抜かなきゃいけないんですけど…

はい、手抜きです(笑

しかも、学会の時に書いた論文をそのまんま卒論にしようと思います。

はい、手抜きです(笑

でも先生が、卒研発表会は適当でいいよと言ったので

はい、ホッとしてます。

それよりも、自分の研究をドンドン進めていきたいし、何より物性研発表会が今年度最後のラスボスなので、これに一番力を入れたい。そのために、実験をもっとやらなくちゃいけないのだ。

それでも、研究室全体があわただしくなってきた。

特にM 2

そうです、修士論文に追い込まれています。

先生も最強の呪文をニコニコしながら唱えるようになりました。

「君たち、この程度の論文で卒業できると思ってるの?」

www(笑

いや、笑えないか

この言葉に、先輩はヒィーヒィー言ってます。この呪文には、だれも逆らえない…

でも、直上のM2の先輩はすごく優秀で国際学会に出てて

内容もレベルが高く、絶対スゴイ論文を書けるんですよ。先生は、そういう意味で手を抜くなよっていう事だと思います。

自分とも同じ系の研究内容なので、そういう意味では、先輩たちの修士論文、発表会はすごく楽しみです。

ただ、2年後を考えると

ハードルを下げておいてほしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

長期有給休暇

5年間続けたバイトを辞めることになって

辞める前に、後輩に自分の仕事を引き継がせるため

最近、仕事というより後輩の養成をしている気がする。

なので、後輩に仕事をさせて僕の仕事がドンドン楽になっている。

さらに

5年間ため込んだ有給休暇が20日以上あって、辞めるまでに全て使いきります。

長期有給休暇と名付けよう!

つまり空白の20日間、バイト代が出る…(笑

まだお金になっていないものに、裕福を感じてしまっている自分がいます。

これから大学院に進み、学費を自分で負担するころになり

いくら奨学金を使っても貧乏になるというのが予想されるので

今は貯金貯金!これから2年間は研究者として頑張るんだから!

「不安と希望の交錯。人生の節目はこういうものだ!」

格言モドキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

努力の結晶を削ります

実験中の私の汚い机

Nec_0144

初めて、実験の写真を載せた気がする(笑

これだけ見ると、「図工ですか?」って感じがしますけど

物性物理学の研究者でも、こういう地味な実験は沢山やります。

そういう私は大型装置の方が比率的には多いけど、まぁ"はんだ付け"くらいは慣れたもんです(笑

今日は、"粉混ぜ"や"圧粉"以上に地味な実験をしてた。

その名も

ひたすら固定器にセットしたサンプルを紙やすりで削っていく実験

もとい、"鏡面研磨"という作業です。僕にも、精密測定を行えるほどの良いサンプルが出来たので、サンプルを人工的な形に加工するのが目的。

写真に大きなガラス盤の上に紙やすりがありますね。その左側に王冠みたいな金属と白い円柱のものがあります。これが、固定器です。

さらに、ガラス盤の右に、薬包紙からちょっとはみ出たところに四角い小ガラスがあります。このガラス板の上に、はんだごて(写真一番右)を使って"eワックス"でサンプルと小ガラスを接着させる。

これを固定器にセッティングしたら、ガラス盤の上の紙やすりでやするのみ!

サンプルの形を円柱→直方体にしたくて、つまり4面を決めてひたすら削るわけです。

今日は、この作業をぶっつけ4時間も行いました。

作業前2ミリ以上あったサンプルが↓

Nec_0145_2

直方体のカスになった(笑

あははは!

しかし、先輩の中には

「やすりすぎてサンプルが消えた」

という人も多々いるようです。僕は、まだマシな方か…

いやはや、ヤスリと言っても油断するとなくなるという恐ろしい経験をした。

ちなみに、このサンプルはいわゆる結晶成長を試み、3日間泊まり込み実験で得られたサンプルです。まさに、努力の結晶です。

私の努力は、こうやって粉々になっていくんですね先生…

それでは、おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

年末年始で…

…テイルズオブグレイセスがかなり進んだ。

以降、ネタばれ記事になるかも(笑

とりあえず、ストーリー的には、間違いなく終盤です。

でも、やり込み要素が多いので、まだまだエンディングは見たくないかな…って感じです。

それにしても面白い!大半のストーリーは、僕でも先が読めちゃうくらいなんですけど

ちょっと衝撃的な展開があったので、今までのテイルズの中ではちょうどいいくらいです。

(パスカルがアンマルチア族ってのは意外だったかも…)

今までのテイルズシリーズで、ストーリーは一番イイというのが個人的な見解です。

僕は、アビスとかリバースみたいな人間関係が重圧的なストーリーになっているのが苦手で

エターニアや、イノセンスみたいな軽快かつ見通しがいいストーリーが好きである。

まさに、グレイシスはこれが当てはまる。ギャグも多いし。

でも、内容が薄いってことは決してなく、哲学チックな部分もあったり、相変わらず設定が細かいので、むしろ濃い。

僕の中で、不動のエターニアを越えようとする面白さなので、今すっごいグレイシスにハマってます。

あと、これはテイルズシリーズ全般にも言えることですが

オープニングがすごくストーリーとマッチしている。

~アニメの流れ~

①クロソフィの花からの世界観

②幼少期、リチャードと木に掘った友情の誓い

③主要キャラの個性豊かなコマ

④主要キャラの個性的な戦い方

⑤主人公の憂いとそれを見守る仲間

⑥それぞれの守るべきもの

⑦どんどんリチャードが自分たちから離れていく

⑧シャトルで自由に世界を行き来する

テイルズシリーズは、これまでにも、ゲームジャンルのところをただ「RPG」と表記するのではなく、アビスだったら「生まれた意味を知るRPG」とかエターニアだったら「永遠と絆のRPG」などのキャッチコピーかつ本筋みたいなのをテーマに掲げているんですけど。

本作グレイセスは「守る強さ知るRPG」になっている。

オープニングの歌詞「守りたい守られてる」というところや、その他の歌詞もストーリーにピッタリ合う。

ネタばれになっちゃうかもしれませんが

ゲーム内で「守ってると思う人に自分は守られている」というようなストーリー展開が多々あって、そこで主人公は、時に仲間に助けられたり、時に親友を助けたりして、成長していく。

オープニングのアニメーションを見ただけでも、ストーリーを進めていくことに物凄い意欲を掻き立てているのは言うまでもない。

最近思うが、ぶっちゃけFFよりも…嘘です(笑

でも、FFが無ければテイルズシリーズが安定して一番面白いと思ったりする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

謹賀新年2010

あけましておめでとうございます!

正月、私は祖父の家で過ごしました。

Nec_0138_2

この写真は、元旦の昼12時にとった富士山です。

ここ二日間は、晴れ晴れと天気に恵まれ

終始、富士山を拝めました。

うんうん。

とてもいい年にしてくれそうな(他力本願な私)日本一の山でした。

ではでは。今年の目標は、

「新たな発見」

とします。今年は、本気の研究。夏が明けたら、本気の就活が待っているので

研究でも、未知な新しいものを発見

就活でも、未知の新しい興味を発見

広くも深くも掘りまくっていくのだ!ワンワン!

今年もよろしくお願い申し上げます<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »