« 年末年始で… | トップページ | 長期有給休暇 »

2010年1月 7日 (木)

努力の結晶を削ります

実験中の私の汚い机

Nec_0144

初めて、実験の写真を載せた気がする(笑

これだけ見ると、「図工ですか?」って感じがしますけど

物性物理学の研究者でも、こういう地味な実験は沢山やります。

そういう私は大型装置の方が比率的には多いけど、まぁ"はんだ付け"くらいは慣れたもんです(笑

今日は、"粉混ぜ"や"圧粉"以上に地味な実験をしてた。

その名も

ひたすら固定器にセットしたサンプルを紙やすりで削っていく実験

もとい、"鏡面研磨"という作業です。僕にも、精密測定を行えるほどの良いサンプルが出来たので、サンプルを人工的な形に加工するのが目的。

写真に大きなガラス盤の上に紙やすりがありますね。その左側に王冠みたいな金属と白い円柱のものがあります。これが、固定器です。

さらに、ガラス盤の右に、薬包紙からちょっとはみ出たところに四角い小ガラスがあります。このガラス板の上に、はんだごて(写真一番右)を使って"eワックス"でサンプルと小ガラスを接着させる。

これを固定器にセッティングしたら、ガラス盤の上の紙やすりでやするのみ!

サンプルの形を円柱→直方体にしたくて、つまり4面を決めてひたすら削るわけです。

今日は、この作業をぶっつけ4時間も行いました。

作業前2ミリ以上あったサンプルが↓

Nec_0145_2

直方体のカスになった(笑

あははは!

しかし、先輩の中には

「やすりすぎてサンプルが消えた」

という人も多々いるようです。僕は、まだマシな方か…

いやはや、ヤスリと言っても油断するとなくなるという恐ろしい経験をした。

ちなみに、このサンプルはいわゆる結晶成長を試み、3日間泊まり込み実験で得られたサンプルです。まさに、努力の結晶です。

私の努力は、こうやって粉々になっていくんですね先生…

それでは、おやしゅ!

|

« 年末年始で… | トップページ | 長期有給休暇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439691/32898933

この記事へのトラックバック一覧です: 努力の結晶を削ります:

« 年末年始で… | トップページ | 長期有給休暇 »