« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

地球規模の災害

今日は、わけあって朝の5時に起き

日帰りで遠くまで出かけていた…

連日ニュースで騒がれているように

チリの大震災の影響で

本日、日本は

一日津波警報…

早朝は、まだ大丈夫だったんですけど

夕方の帰宅時は、

海岸沿いの道路は封鎖され

海岸沿いの電車は運休され

近辺の交通機関はマヒ状態

ここまで交通機関がダメになるっていうのもそうそうないと思います。

見渡す限り、おまわりさんや消防の方が海沿いを警備していました

僕の被害は最小限で済んだのですけど

知り合いは、10時間以上通行止めを食らって車の中で身動きがとれない状態に

今もまだ、注意報は残っているようで、交通機関の緩和はまだまだ時間がかかるそうです…

南アメリカで起きた自然災害が

その地球の裏にある日本にまで大きな影響を及ぼすとは

何とも恐ろしきかな自然の力…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

これやばい…

昨日まで、徹夜実験で学校に泊まって実験やってたんですけど

そのとき、暇な時間を見つけてはただ黙々とやっていたことがある…

それが、このフラッシュゲーム

http://suznooto.com/flash/FORT_P.html

ガチで面白いです。

自分で要塞を作って、それを戦わせるという何ともシンプルなゲームなんですけど

病みつきになってしまった。

めちゃくちゃ面白かったので一人で誰もいないのに叫んでいました

そして翌日の朝、友人が学校に来た時、叫んでる僕に

「泊まったとは思えないテンションの高さだなぁ」

と一言

パソコンの画面をのぞくや否や

その友人も、僕以上にこのゲームにはまってしまいました(笑

研究室で新しいブームになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月から…

3月から新しいバイトが始まる。

同じ学校の人はわかるかもしれないが

学生の実験を補佐する業務

先生方では、学生全員の実験指導は当然できない。

そこで、学生が円滑に実験できるよう、僕らがサポートやアドバイスすることで実験をより有意義なものとするのが目的。

あまり、詳しい情報、時給、仕事内容は、言っちゃいけない約束なので言えませんが、結構責任重大なのでそれなりの報酬が…

で、今日は来年度のアシスタントを決定して顔合わせ(と言ってもほとんど知ってる顔)をした。

一応「教育」なので、それなりの心構えと注意点などの説明を受けて、簡単な流れなどの講習会を受けた。

で、さっそく来年度の学生実験の科目が近付いているので

3月から、学生実験の実験室の準備と予行実験、マニュアル作成という過激な業務が待っている。

先輩たちが言うには、ここでしっかりやっておけば学期内の仕事は楽になるらしい。

そのため、3月からバリバリ仕事があるのだ。

よぉし!頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

まだまだがんばれる

明日、久々に学校に泊まるのだ!

かれこれ、一か月ぶりだろうか?

ここ最近まで、何をやってもダメで研究に行き詰り暗中模索してました…

とてもじゃないがこのモチベーションの中で単結晶育成(徹夜実験)は無理だと思い、理論固め(机の勉強)をしては現実逃避を繰り返していた。

それが、先々週までの話。しかし、先週思い切って

先生に今までの全ての条件出しデータ(本来は先生に見せるようなデータじゃない。)と自分なりの考察と現状報告を全て出した。

今まで、無い頭を振りしぼって工夫したり、ごまかしやってこれたけど

自分の中で、もうこれ以上工夫の余地がない。もう、何やってもダメなんだ!

とこれまで自分で決めつけていた。

固相反応による単結晶育成には、フラックス法、フローティングゾーン法、チョクラルスキー法という3つの方法があるんですが

いずれも長所と短所があるわけで、自分は、これまで3つ全ての方法における単結晶育成を試みたわけだが、

どれも大型な奇麗な単結晶に成長してくれない。

しかも条件出しで、これまで主流だったフローティングゾーン法も不純物が入りやすいという経験則も得られている。

しかし、先生は、僕には考えもつかなかった斬新なアイデアを提供してくれた。

先に述べた、3つの育成方法のフラックス法とフローティングゾーン法をミックスさせた手法、その名も…

トラベリングソルベイトフローティングゾーン(笑

らしいです。何とも、覚えにくく学会とかじゃあ噛みそうな名前だ。

有名なYBCOの単結晶を作るときに使われるそうで、それ以外ではあまり使われないマニアックな手法と言える。

さらに、この方法に今までの経験から一工夫を加えて

なんだか行けそうな気がしてきたのである!(天津木村風)

もちろん、これまでの努力は無駄ではなく

大変困難な研究というのが証明できてるので、ここで上手く行ったら大きな物理学的価値を生んでくれる

とりあえず、どっか学会や論文でそれなりの評価はもらえそうだ。

明日は、また別の理由で学校に泊まるんですけど

実験のモチベーションがとにかく上がってきてて

今、実験がガンガンやりたいぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

低燃費ってなーに?

最近、うちの研究室で流行ってる話題が

低燃費少女ハイジのアニメ

これは、日産のCMでお馴染みのハイジやクララ達が繰り広げる、なんとも不可解なストーリー。

とりあえず、5話が一番面白いです↓

ハイジ:友近
クララ:次長課長河本

うちの研究室では、今これのアフレコにチャレンジしてます。

(最近のパソコンは動画から簡単にアフレコができる)

女子の指名で、僕がハイジのアフレコをやることに…

「高い声が出るから!」

という理不尽な理由でハイジらしい。

ちなみに、セバスチャンに自信があったんだが

「似すぎてダメ!」

という理不尽な理由でハイジらしい。

そんなこんなで暇な時遊んでいます~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

五輪競技:バイアスロン

オリンピックって不思議ですよね。

普段は全く観ないスポーツでもオリンピックとなると真剣に見ちゃう。

海外の知らないスポーツ選手も頑張ってると応援したくなるし、そういうとこが不思議だと思いませんか?

やはり、4年に一度の祭典というレア度と注目度がそうさせているのだろう。

だって、普段「スケルトン」とか観ないっすよ(笑

(スケルトンの関係者には大変失礼な例かも知れませんが…)

あんなマニアックな競技はオリンピックでしか見ないです!

会話にすらに「スケルトン」なんて出てこないっすもん。

しかし、スケルトンは実に奥が深い!

そこのあなた!

彼らはただ寝ながら滑ってるだと思ってませんか?

そんなことはないんです!

滑りながら、板を微妙に調整したりスパイクで氷を削ってるんですよ!

地味ですが、そこのバランスがとっても難しいらしいです…

あと、個人的に気になっている競技の一つ

「バイアスロン」

知ってますか?バイアスロン。マニアックな競技ですよ~

まぁ観てください↓

Biathlon: Oberhof 2010

15キロもスキーして、疲れた中、冷静な射撃をするという

すっごいシンドイ競技!

陸上競技で言うと

フルマラソンしながら射撃ポイントがあるようなイメージでしょうか?

体力、技術力、精神力

この3つ全てがそろってる人物のみ、生き残る競技。

日本人は残念ながら。。。

まぁテレビで放送されるらしいのですっごい楽しみにしてます。

この競技は、観ることお勧めです(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

弥太郎ってすごい人だった

大河ドラマ龍馬伝にハマっている…

坂本龍馬(福山雅治)の物語なんてベタベタだろうと思っていましたが

今回は、岩崎弥太郎目線での坂本龍馬の人生という話になっているようで

弥太郎自身(香川照之)も度々出てきて、語りも弥太郎。

坂本龍馬と言えば、歴史の苦手だった僕でも知ってる有名な幕末の維新志士。

彼の偉業と言えば、うーん…

薩長同盟大政奉還というキーワードだけ覚えてるが(笑

具体的になんだったかは忘れてしまったー

きっと、龍馬伝の最後の方でこれらの話が出てくるので楽しみにしときます!

さて、上にも出てきた岩崎弥太郎という人物がドラマ中なかなか面白い事を言う。

当時は、まだ日本が開国した時で、異国のものは打ち払うという考えが当たり前「日本は最強、外国には絶対負けない、刀で何とかなる」という黒船の恐ろしさすら知らない人が多かった時代である。

そんな中、攘夷に燃える武士に弥太郎は世界の情勢と今の日本を冷静に受け止め

「英国で産業革命が起き世界中が変化しているのに、日本だけが何も変わらないなんてできないんじゃ」

と発言。周りがおかしいと考えるのではなく、自国をどうにかしなきゃいけないという考えがみられた。

龍馬は、わざわざ江戸修行に行ってからそれに気付いたのに、弥太郎は土佐にいただけで気付くという、とても柔軟な発想を持ってる人物だと感じた。

また、弥太郎は川田小龍先生にこんなことを言う

「金持ちになりたい」

貧乏な家で育った彼は、きっと毎日つぶやいていたに違いない。

この発言こそ、のちのち大きく日本の経済を揺るがす人物になるという前触れだったのだろう。

そう、岩崎弥太郎という人物は、明治の動乱期に商人として巨利を得た最も有名な人物である。有名な話ですが、

三菱財閥の創業者

だったのだぁ!

すごいですなぁ~

無名時代の坂本龍馬の周りにはすごい人が沢山いたんですね~

歴史の苦手な僕にとって

大河ドラマって勉強になります(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

よい子は真似しないこと

マグカップに入った熱いコーヒーをストローで飲むと

舌がやけどします!

よい子は絶対にまねしないこと。

ヒタガイハイヨォ
(舌が痛いよぉ)

って感じになります。マジで…

まだ、舌がジンジンするわ

今日の失敗談でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

建国記念の日なのに

今日は、建国記念の日です。

国民の休日の一日であり、地元の路線バスは日の丸国旗を掲げて走っている。

「建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。」と定められているので、日本という国に感謝しましょう。

僕も今日はお休み、久々にお買い物にでも出かけようと思ったんですけど

外があまりにも寒くって、しかも雨降ってたので、もういいやと中止して

家でゴロゴロゲーム三昧しちゃいました。

今日一日で13時間プレイ(笑

ここまでぶっつけでやったのは久々でー

不覚にも眼精疲労かも…

昔は余裕だったんだがなぁ

おかげで、TOGのゾーオンケイジ(隠しダンジョン)も全クリです!

10F(最下層)の敵がめっちゃ強かったです。

一週目でレベル170台という尋常じゃないレベル上げお稼ぎしました。

あと、秘奥義を全部観ました。↓

一人当たりの秘奥義の数は今までで一番多いのかな?僕は、マリクのエターナルセレナーデが好きです。

そろそろ二週目やらないと…

では、この辺で目を休ませます…

おやしゅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

秋葉原に行ってくれば?

最近、秋葉原に頻繁に行く

実は、理由がいくつかある

●実験で使う電子部品のお買いもの

●実験で使うネジのお買いもの

●自分用のパソコングッツのお買いもの

●お嬢さんのお買いものに付き合う

●暇つぶし

このうち、初めの上二つは研究の物資調達として、秋葉原は大変便利なのである。

というのも、マニアックな部品が沢山あり、ネジとかバカ安い。さらに、研究費で落とすときに指定の店だと話が早い。

そういう時は、いつも

「先生、あれが欲しい、買って買って~!」

とねだり、一時的に先生のポケットマネーが出てきて(笑

「はい、これで、秋葉原に行ってくれば?」

っていう流れです。もちろん研究で使うものですよ~

こういう用事で秋葉原に行く時は、いつも昼飯を食べがてらになるので、仲間を誘ってついでにランチを楽しんで帰ります。

先日は、スタ丼という文化にもふれました。

そして、理由に挙げた後半の3つはプライベートでも行く機会が多いんです。

このまえ、自分のパソコンをちょこっと改造してから、パソコンをいじるのが楽しくなってきた。

実は、今日も実験の後、夜7時くらいから秋葉のヨドバシに、いつもの5人で行きました。(理由は、お嬢さまのお買い物です。)

結局、いろんなところを回って11時までいた(笑

うーむ…ふと思う

ホント仲いいな自分の研究室

平日は毎日一緒に研究してて

先日の横浜の件といい、今回の買い物の件といい

ここまでベッタリしてるグループは逆に気持ち悪いわ…

でも、誕生日の時は感動しました。

大学生の最後に良い友達ができて、本当に良かった。

あさっては、カラオケ大会を企画していて、大学生最後の思い出を沢山作ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

THIS IS IT

昨日、"THIS IS IT"という映画をDVDで観ました。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]

これは、昨年の6月に亡くなった

キングオブポップことマイケルジャクソンの幻となったライブ“THIS IS IT”のリハーサル風景を収めた音楽ドキュメンタリーである。

僕自身、今までマイケルジャクソンには全く興味無く

CDすら持ってないし、最近ムーンウォークというのを知ったくらい疎い。

ただ今回、「これがマイケルジャクソンか!」というのがわかった気がする。

なんというか、彼は天才というより、努力家や謙虚の方が当てはまる。

この映画で出てくるマイケルの周りにいる人物は超大物エンタテイナーばっかである。

そんな人たちですら、マイケルの前では小さくなる。

きっと、努力家で謙虚である彼を認めざるを得ない存在になっているのだろう。

とまぁ、本編での感想はそんなもんです。

ぶっちゃけると

マイケルジャクソンファンじゃないと100%楽しめないと思います。

TVの特番程度ならスゴクいい番組になるんですけど

これを映画としてみるのは、正直ファンではない僕にはちょっと退屈だった。しょうがないと言い出すときりが無いので言いませんが。

しかし、一つ言わせてほしいことがある

特典映像はすごい(笑

これは、映画館では観れないので是非DVDで観てもらいたいマイケルジャクソンのすごさや名シーンっていうのはほぼテレビの宣伝として放送されているような部分がメインなので

大体、見どころは皆さんもわかっていると思います。

でも、特典映像は、観た人にしかわからない内容が盛りだくさんで必見!

とても貴重なシーンをおさめた特典映像は、大満足でした。

では、今日はコノヘンデ

おやしゅ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

22

空模様なんて気にもならない

なにしろ今日は最高の日さ!

この世に生れて、ハデに泣いてから

僕は22年の月日を過ごした。

そんな僕は不覚にもドッキリを仕掛けられた。

昼下がりに研究室の4年部屋で、休憩中、最近ハマっている魔方陣グルグルを読んでいた。

しばらくして、隣に座ってたT君が

「じゃあおれ、地下行って実験してくるわ~」

と言い部屋を出て行った。

さらに、その隣にいたAさんも、コートを着てどっかに行った…

ここまでは、僕も覚えてる。

そして、さらにしばらくたって

気付くと、部屋に一緒にいたはずの仲間がだれもいなくなってて

一人ぼっちに(僕が部屋で一人になるのは珍しい)

「あれ?みんな実験しに行ったのかぁ?まぁいいや」

なんて思い、さみしくグルグルにふけていると

急にどこからか

「ハッピバースデートゥーユー♪」

と、T君の怪しい歌が聞こえた。

まさか!と思ったら

「○○(僕)、誕生日おめでとう!」

とみんなに祝福され

なんと!ケーキが!

Photo

(名前は、隠しました。年も隠したかった…)

このとき、自然に

「ありがとう!」

の言葉が出た。というか、「ありがとう!」じゃ足りない気がした。だから、何回もありがとうって言った。

このケーキを見たあと、T君が

「地下に行ってたと思っただろう?実は、地下になんて行ってなかったんだよ!バカめ」

とネタばらし。僕は見事にだまされた。地下にいると思ってた間に、T君は、Aさんと一緒にケーキを買いに行ってたらしい。

ちなみにケーキの名前にハートを入れるのが大変だったとのこと(笑

部屋を暗くしてもらい、ろうそくの火を消して

あとは、実験中や論文作成中の先輩たちを含め

ドッキリ秘話など(何回か僕に気付くチャンスがあったらしい)を話しながら

楽しくケーキを食べました!今までの誕生日で一番ビックリしたなぁ

今日の事はずっと忘れません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

衝撃的な卒業

卒業まで2カ月切ったというのに

いまだに、実験してデータを取ってという忙しい日々である…

周りの研究室では卒論作製にいそしんでいるのに。

そして、うちのBOSSの口癖

「君たちは追い込まれないと、ちゃんとやらないでしょ?」

今まで、ゼミの単位がかかる、ゼミレポを期限一週間前に知らせるという(他の研究室では一か月前に発表されているもの。)

無茶ブリ。

学会の予行論文やゼミ合宿の準備など、いつもギリギリで知らせてきてたのも事実。

そう、何が言いたいかと言うと

「卒論を書きなさい」

という言葉が、そろそろなんじゃないかとドキドキしていた。

本当に無茶させる先生なので

「40枚の論文を1週間で作りなさい!」

なんて、普通に言いそうなのである。

しかし、今日、いよいよBOSSからとんでもない言葉がでた。

うちは卒論なんて書かなくていいから

キターーーーー\(^o^)/

思わず「え…なんでですか?」と聞き返したら

「卒論を書く暇があったら実験しなさい!」

ということだそうです。

ちなみに、卒論が無いなんて、僕が知る限りうちだけです(笑

こんなんで卒研の単位は大丈夫なのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

中華街とか行った

今日は、研究室の仲間5人と横浜に行って遊んだ。

一応、幹事は僕ということで、どういうところに行くかは前もって考えていた。

まず、中華街で昼食を食べに向かった。

以前から、ツボ料理を食べに行きたいと話題になっていたので

本場中華街のツボ料理専門店に入った。

僕らは、メニューにおすすめと書いてあるランチセットを頼み

さらにランチセットには、3種類のメニューあって

ツボの中身を鶏肉、豚、牛すじと選ぶ感じだ。

注文して、しばらく待っていると…

Nec_0153_2

ツボ!

お盆の1/3はツボが占めてる!

なお、ご飯とスープは、お代わりが自由で見た目に反してかなり量があった。

そして、僕が食べたコースは薬膳風で、健康的な感じがした。

そして、ゆっくりとお昼ごはんを食べたあとは

横浜大世界というアミューズメントパークに行き

トリックアートの美術館を楽しんだ。

これが、思いのほか楽しめて

2時間近くも遊べた。

そして、いつのまにか外は雨模様になったが

まだまだ遊び足らない年頃

そのままマリンタワーに向かった。

マリンタワーの展望台で横浜の景色を楽しんだ。が、雪で何も見えないという大失敗…

そうなんです!もう空は雪になっていたのです。

今回、マリンタワーのチョイスは正直失敗だったかなぁと思ってます。でも、お天気ばっかしはしょうがないですけどね~

そんなこんなで、横浜に戻って、喫茶店でしばし休憩。

そこで、話をしていると、もう夜になっていた。

茨城に住んでるM君と、体調不良のT君は先に帰らせ

残ったのは、千葉に住んでるのN君とAさんと3人だけになってしまった。

夕食は、3人でイタリアンでトマト鍋をつつきながら

学校での人間関係や、恋愛トークが盛り上がり

9時になって、さすがに残りの二人も帰る時間になりお開きに…

外は大雪でバグってました(笑

はぁ

さすがに一日中歩き回ったので疲れました。でも、今日一日5000円程度の出費ですんだのは、なんかお得でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »