スポーツ

2009年3月24日 (火)

WBC頂上決戦 最後はやっぱりあの人だ!

家に引きこもってます。コンビニに出たけど、10分程度。

今日は、ある企業からの採用結果が来る日だったし、休みなので家を出たくなかった。

そこで、家でゴロゴロ見ていたのがワールドベースボールクラシック。

早朝にコンビニで買ってきた観戦アイテム

●コーラー 2L

●弁当

●ポテチ

をテーブルに置いて、リビングを独占して日本を応援していた。

世間では、「因縁の日韓戦」とか「日本V2へ!」など騒がれていましたが

正直なところ、昨日のアメリカ戦までは、あまり興味がなかった。

というのも、日本の予選や練習試合を見ていた時に、「今回は駄目そうだな…」と思っていたから。うまく打線がつながらなかったり、投手陣に安心感がなかったりして、日本らしくなかった。そもそも監督が決まる時にもひと波乱あったし。

そのうえ、イチローがシーズン間の調整時期で不調だったりと負の要素が多くて

とてもじゃないけど、キューバ、アメリカ、韓国を倒せるようなチームって感じじゃなかった。

しかし、ギリギリでキューバを破り、韓国と2勝2敗の結果で決勝ラウンドに駒を進めた。

この2次ラウンド、キューバ→韓国→キューバ→韓国戦の間に少しずつ日本の野球が出てきた感じがして、上から目線で「やるじゃん」と思っていた。

そして、迎える決勝トーナメントの初戦アメリカ。この試合を生で見ていて、勝った瞬間に「これは優勝行ける!」と確信。

という流れで今日は、万全の態勢でテレビの前にいました。

初め、韓国の想像以上の気迫と執念が感じられて怖かった。韓国勢は異常な盛り上がりでした。でも、日本のピッチャー岩隈はマイペースに投げていたので安心、ビッグイニングになる気配は全くなかった。

最後ダルちゃんが出てきたとき、なんかいやな予感するな~と思っていたら的中。危うくサヨナラ負けするところでしたが、ギリギリの状況で延長へ

そして10回の表に2アウト、ランナー2,3塁でバッターボックスに立ったのが、イチロー!

これは、何かの巡り合わせなのか…と思わせるような打順、絶体絶命にして最後の希望イチローの登場。

あのとき視聴率はきっとグングン上がってますよ(笑

韓国もイチローを敬遠することなく勝負に挑む。

目つきがただならぬイチロー、るろうに剣心の 剣心 対 志士夫真 での剣心の眼光のようでした。

イチロー2ストライクで追い込まれるも、ボールをバットに当てていきファールで粘る。そこにストライクゾーンの真ん中に来た球を基本に忠実なピッチャー返しでセンター前ヒット!

感動…

あれには感動しました。イチローってやっぱり世界一のバッターです。野球漫画を見てるのかと思わせるような流れ

最後は、やっぱりイチローが決めてくる。初めから日本はイチローがいなきゃダメだったんですよ。イチローのこと悪く書いた人も、これを見たら頭が上がりません。

ダルちゃんの不安もありましたが、城島の冷静な球運びで見事優勝!!

久々に「野球って美しいな」と思いました。泥臭い5点だけれども日本の野球って親近感がわきます。

まだ、興奮と感動が冷めませんが本当にいい試合でした。

ぜひとも、次回のWBCも優勝してもらいたいです。

それでは今日はこの辺で!

おやしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月17日 (日)

知らないスポーツを知ること

四年に一度のスポーツの祭典オリンピック

人によってそれぞれ楽しみ方は異なるけど

オリンピックの醍醐味の一つである

「知らないスポーツを知ること」

僕が今までの人生の中で特にやるこんだことのあるスポーツは

  1. バレーボール
  2. 野球
  3. 水泳
  4. ビーチバレー
  5. サッカー

これくらいだと思う。これぐらいしか細かいルールはわからない

バレーボールは部活で勉強したので「審判」と「スコアラー」

野球も部活で「スコアラー」と「線審」ぐらいはできる。

そう僕ができるスポーツってせいぜい数種類、見たことある程度なら数十種類といったところだろうか…

しかしオリンピックでは

http://beijing.yahoo.co.jp/event/

を見てもわかるように40種類ぐらいある、細かく分けていけば競技数300種類超もあるぞ!

普段、地上波TVで放送されるのは日本人が出ている種目ばかりですが

それでも今日放送されていた「ホッケー」や「カヌー」、「レスリング」といったスポーツは全然知らない。

僕にとってこういうスポーツはほんとに四年に一度しか見る機会がないと思う。

しかし、ルールすら知らないホッケーを見ててとても面白かったと感じた

特に直接ゴールの中にキーパー含め5人のディフェンスが入ってシュートから守るっていうスタイルがとても驚いて思わず笑ってしまった。

「へーこんな面白いスポーツもあるのか」と

そのおかげで、一試合しっかり見てしまいなんとなくルールとかわかった。

カヌーでは激流川下りにも驚いたし、転覆したりすっごい大変なスポーツだということもわかった。僕にはカヌーできないな…

こないだのフェイシングも新鮮だった。なんであんな高価な防具(センサーとかついっちゃってるやつ)をつけてやってるのかいまだに謎だけど

こうやって知らないスポーツを見ることのできる「オリンピックの存在」ってでかいと思いませんか?

どんなマイナーなスポーツであろうと

五輪種目に認定されている以上は「金メダル」があるわけで

バレーボールの金メダルだろうが

トライアスロンの金メダルだろうが

馬術の金メダルだろうが

金メダルは金メダルである

その価値と名誉を手に入れるため各国が競争する。

そしてそのスポーツを僕らが見るように世間の日に当たるようになる。今回のフェイシングがすごくいい例だとおもいます。

オリンピックが及ぼすスポーツ界への影響力がどれだけでかいかって初めて考えた

それは同時にスポーツがもっている魅力に僕らはひきつけられているからという相互関係もある。

そういう意味でもオリンピックは日本人が出ていなくても、どんどん放送してもらいたい

「知らないスポーツを知ること」

はそう滅多にチャンスはなく、まさに4年に一度のチャンスだと思います。

その代償に夜遅く朝早くの生活習慣のため寝不足になるのがオチなのだが(笑

日本のメジャーな野球、柔道、バレーとかだけ見るんじゃなくて

ただぼーっと変なスポーツ(言い方が少し悪いかもけど)をなんとなく見てるのもアリですよ。

マイナーな競技を見ることで面白く興味深いこと、また新たな発見が多数あることに気がついた今日この頃でした…

オリンピック2008はまだ続くので楽しみです

こんな珍プレーもあるかもよ(笑

01

それではおやっしゅ!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年8月14日 (木)

アイ プレイ テニス エブリデー!(嘘)

注意:これからテニスのお話を始めますが、なんせテニスに関しては素人なのでなんか間違ったことを言ってしまったらごめんなさい。

今日は初めて「テニス」というスポーツをやった。

まったくの初心者だったので、経験者の人にラケットの持ち方と振り方を簡単に教えてもらって練習した。後半はコートで遊んだ。

なぜいきなりテニスかというと、実はいきなりではなく6月ぐらいにやってたテニスの世界大会を見てて

フェデラーっていう選手とナダルっていう選手に影響をうけたのだ。

この二人のプレーはとてもかっこいい。(といってもテニス自体を見るようになったのは最近なのだが・・・)

●Wimbledon 2008 
頂上決戦 ナダルVSフェデラー

フェデラーは…男子テニス史上屈指のオールラウンド・プレーヤー、現役スポーツ選手の最高峰としてフェデラーのプレーは過去の名選手、現役のライバルたちから絶賛されている。非常に難しいショットでも鮮やかにやってのけてしまうため、フェデラーのテニスを見ていると「テニスが簡単に見えてしまう」と言われている。

とにかく凄い人なんです!

ナダルは…ハードコートなどの球足の速いコートでも相手のボールを拾いまくるため、「まるでクルーコートでの試合を見ているかのようだ」言われたことがある。

とにかく凄い人なんです!(笑

フェデラーが常に冷静に淡々と事を運ぶタイプであるのに対して、ナダルは声を荒げてショットを放ち、派手なガッツポーズをするなど自らを鼓舞して能力を引き出すタイプ

この対照的ともいえるプレースタイルの異なる二人が男子テニスの頂点にいるわけで

彼らの試合をみてて興奮しないわけがない!

そこで テニス=かっこいい という回路ができて

テニスをやってみたいと思ったのですが

今日は暑い!!!!

もはや暑さとの戦いのほうがきつかった。

けども、いろいろテニスについて分かった気がする。

だって改めてフェデラーとナダルのプレーをみて

「こいつらやべー、自由度高ッ!」と思ったから

まぁこれから少しずつテニスを見てみようかなー

ところで、話が変わるんですがオリンピックの

太田雄貴選手すごすぎ!!

フェイシングで銀メダルって…おめでとうございます!

日本ってフェイシングをそんなにポピュラーだとはいえないとおもうんです

決勝戦はみてたんですが、正直僕はルールとかさっぱりわからなくて無効面ってなんだ?とか思いながらみてました。けど太田さんが本気でメダルを取りに来てるっていう姿勢は僕にも分った。だからその意気に僕は共感し応援した

残念ながら決勝はやぶれてしまいましたが

銀メダルってすごすぎでしょ(笑

なんかこれから日本に

「フェイシングブーム」

が始まる予感がした今日この頃でした

それではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

日本バレーの歴史が変わる日

男子バレー 日本、アルゼンチンを破り16年ぶり五輪出場

今日行われた北京五輪世界最終予選男子

日本 対 アルゼンチン 戦

日本はこの試合に勝てば五輪出場という大一番の試合

相手のアルゼンチンは世界ランク

6位!

6位とはいえ、南米ではブラジルに次ぐ2位という実力。

下手すればメダルを取っているような強豪中の強豪チーム

世界ランク12位の日本にとってはホームとはいえ、格上すぎる相手…

今日はさすがに勝てないと思っていた人も多いのではないでしょうか?

しかし、やりましたよ

見事フルセットの末、勝利。

北京の切符を握りしめました!

荻野っちはホントによかったね!背負うものが重すぎて正直彼は倒れるんじゃないかと思ってたけど、それも今日の試合ですべて下りたんじゃないかな

ちょっぴり、植田と荻野に感動した!

ナショナリズムが強いというわけではないんですが

これは日本のバレー界にとってかなり明るいニュースになります、というのもバレーが低迷してたのは事実だしオリンピックも全然いけなくて、もうバレーは終わったんじゃないかというぐらい落ちてた。

そこで今回オリンピックの切符をとった。オリンピックはでるだけでもバレーの強豪国と言われるほどなので、日本の男子バレーの世界的地位が一気に変わった瞬間だ。

がんばれ日本!

さて日本の話はもういいかな。

これから世界のトップチームと植田ジャパンは戦うことになります。

世界上層にはどんなチームがいるか、簡単に説明します。

●弱点のない ブラジル

Photo

武器はスピードとパワー

バレーボールの中でも三大大会 世界選手権 ワールドカップ オリンピック

この三つで金メダルを取り続けている、他の追随を寄せ付けない王者チーム!

この前紹介したジバをはじめ、選手は英雄ばかり。

いまのブラジルを倒せるチームは

いない!

●最強の壁 アメリカ

Photo_4

武器は鉄壁のブロック

最近のワールドカップなので4位と実力を示し、世界のアタッカーの恐怖を与えたチーム

その実態はブロックを特化させ自分のコートにボールを入れさせない。

ブロックを極めることによりミスの少ない確実な勝利をつかんでいるチーム。

●守りこそ最大の攻撃 フランス

Photo_3

武器はレシーブ

サーブレシーブに関してこのチームより上にくるのはいない!

そしてレシーブした瞬間から始まる目にもとまらぬ超高速バレー

それはブラジルにも匹敵するスピードだ!彼らの堅いバレーはまるで要塞を相手にするようだ

↑そして僕が一番好きなチームだ!!!

さて、今日は3チーム紹介した

バレーの強いチームにはどっかに必ず特化された武器がある

ブラジルはスピード

アメリカはブロック

ロシアは身長の高さ

イタリアはITバレー(頭脳)

てな感じで、これらは

○○を制すれば、バレーを制すというものです。

今回の日本の戦いを通してわかったと思いますが

日本はサーブ

だったんですね、これもまた

サーブですべて決まれば、バレーを制すと言える

これからオリンピック前にもワールドリーグとかあるので

そういった各国の特色ってのを見比べるのもまた面白いですよー

それでは、おやっしゅ!!

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2008年6月 4日 (水)

おぎのっち

暑苦しいのは松岡修三だけでいいのに…

韓国戦勝利!ゴッツ暑苦しいぜ!→Photo

男子の試合は見てておもしろい!ゴッツの顔も面白い!

バレーボールほど試合中に精神論がモロにでてくるスポーツってそう多くないと思います。おそらくバレーの特徴の一つだと思う。

経験者としてもモチベーションやそのときの気分ってのがものすごいプレーの優劣を決めるのは言える。

今回の試合は特にそれが言えた。

見る側でも山本選手やゴッツがいい例ですね(笑

決まった後やドシャットくらったあとの顔を見ればすぐわかります。

決まってる分にはいいんですが、ミスった後の顔がやっぱりすごい。そして、そのあとのプレーに響きすぎw

そんな浮き沈みの激しいチームジャパンを精神面で支えてる人物がいる

それが 荻野正二 選手

今日も学校で彼の話が出たんですが誰もが彼の頑張りにはひと目置いているようだった。

彼はチーム内唯一の五輪経験者で

誰よりも背負ってるものが大きい

彼が背負うもの…

それはアトランタ世代の思いである

「男子バレーをダメにしたのは自分たちの責任」

有名な人だと、現監督の植田監督から中垣内(なかがいち)さんなど幅が広いんですが

日本男子バレーの低迷をさせた世代

彼らの思いとともにおぎのっちは世界のオレンジコートに立っているのだ。

38歳にして、キャプテンというとてもきつい状況の中チームを引っ張り、必死に動く姿をこれから見てほしい。

田中監督時代は実は全日本ではなかったんですが植田監督はさすがですな~

監督と荻野っちはともに心中する思いだそうです。

暑苦しいぜ(笑

最近バレーでは、ゴッツ、ゴリ、ノブコフと言った暑苦しいキャラが流行ってんのかな(爆笑

いやー暑苦しい!暑苦しいのは松岡修三だけにしてくれい!

あの人まさか北京まで応援しにいくんじゃ…

どうせ10チャンのキャスターで熱くなってるんだろうな~あー暑苦しい!

そ、それではおやしゅ!

あ!明日ワンピース50巻だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

明日は対ブラジル!!

いよいよワールドカップバリボーもクライマックスですね

そして明日の

日本 対 ブラジル

が最後の試合になります。

ブラジルはジバが引きいるカナリヤ軍団

相変わらず最強です(゜.゜)

初めのアメリカ戦以外全勝で、今朝のロシア戦もロシアを軽く撃沈させた。

ロシアたじたじでした

よって現在一位になったブラジル

だから言わせてもらいます…

「日本は相手にならないな!!」

こうゆうときは、相手に勝つという意識から、ひとつでも多くのものを学ぶってのにシフトチェンジした方がいいっすね。

さて、明日のブラジル戦の見どころは

  • ブラジルの身体能力の高さに驚く
  • ブラジルの超高速バレーに感動
  • ブラジルの巧なレシーブ、粘りバレーに圧倒
  • ブラジルのジバ、リベロの神業に尊敬

です。どれもブラジル側!!

割と、日本がブラジルに友好的なのと同じでブラジルも日本に対して友好的ですよね。

まぁ地理的にも日本の裏側だし

スタイルが全く違うからかな。

だからってこともないけど、ぶっちゃけ負けても悔しくないです。

そもそも、サッカーにしてもバレーも力の差が歴然だしね。

6人全員のポテンシャルが高い。

ジバとかウマすぎるよ!

背が高いわけじゃないんだけど…

サーブもいいとこ狙うし

レシーブもしっかりやる

二段トスもきれい

ブロックもしっかり仕事するし

アタックも匠…

もはやバレーボールマスターだな。マスタージバ!

ジバを知らない人は、明日見た方がいいです。

バレーボールの神様を見れます。

では今日はケイタイオオギリですね!

おやっしゅ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

大激震 AUS対COR BUR対USA

うぁーーーー!!ジバ様ーーーーー!

いやーーーーー

今日はすごいっす!!

男子バレーの話ですが…

僕が今日見た試合

オーストラリア 対 韓国

ブラジル 対 USA

最高っす!!!

もう、いい試合をし過ぎ!!初日かよ!!

まず、オーストラリア対韓国について

韓国の粘りバレーとそれを叩きのめすオーストラリア!

今日、あの試合を生で見に行った人は超お得でしたね!!僕も見に行きたかったな~見ててすごい疲れました…

フルセットまで行って、何とジュースが26点まで(5セット目は15点マッチなのですが・・・)!!

両方とも最高のプレーをやってくれました。なんてったって韓国のリベロがすごいんです、何でも拾う、拾ったボールは必ず決める。

しかし、それをオーストラリアのエースがブロックをうまく使って決めていくんですよ!いやー是非見てもらいたかった。

次に、ブラジル対USAについて

これはやっぱり、世界トップレベルの試合!!

ブラジルは2000年以降、すべての大会で優勝しています。

そしてそして…僕がもっとも尊敬するプレーヤー

ジバ様(ブラジルキャプテン)

彼はバレーボールがトッププレーヤーです!!

監督も頭が上がって無かった。

世界がこれを認めています。

スパイク、レシーブ、ブロック…どれを取っても彼に勝る人はいないんじゃないでしょうか?

最強の男ですね。バレーを知らない人でも彼のプレーを見たら感動する!

しかし!!!!!!!!!!なんと!!

アメリカが1セット目2セット目ともにジュースに持ちこみブラジルからセットを取ったんです。

鳥肌が立ちました

運命の3セット目、アメリカの

ジバ潰し!!

アメリカにはとても強い武器があります。

それはブロック。チーム全員高身長でブロック技術は全員世界トップレベルの力があります。これをジバに三人つける。バレーボールでは前衛三人、後衛三人を順番にローテーションさせるルールがあり、後衛の人はアタックラインより前でジャンプをしてはいけない。つまり三人つけるということは、他を捨てることでもある。しかし、これがうまくいくんです。ジバをつぶすことによって、ブラジルはぼろぼろに…そして、

アメリカの勝利。

大激震です。

まさかのアメリカ勝利に僕は驚きました。

ブラジルの敗因は監督との確執ですかね?

ホントはブラジルはもっと強いです。有名な選手がたくさんいるんですが、ちょっと事情があったみたいで選手が出ていないみたいです。

これは、残念ですね。北京の時には本気で来てほしいです。

え?日本戦?チュニジア対日本?

んーぼちぼちかな?

さっきの二試合に比べたらちょっと微妙。

今日はいい試合見させてもらったよ!

ありがとう

オーストラリア

韓国

アメリカ

そしてブラジル

これから申し訳ないけど日本の相手もしてください(・_・;)

ではおやっしゅ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

地域ごとによる特性能力がつくる個性

そういえば、ケニア戦を見ましたよ!

やっぱりまだまだ荒削りな部分が目立ちましたね、日本的には相性のいい相手なので圧勝でした。

でも、今日の試合でやっぱりこのチームはいずれ強くなると確信しました。

身体能力として、滞空時間とパワー

精神的にも相手にいくら点差が離れても決してゲームを投げない!

勝つというよりむしろ、今日の日本のバレーのいいところを少しでも多く吸収しようとしてた

女子で強いチームと言えば

ブラジルの「メガトンパワー」

キューバの「超人的跳躍力」

ロシアの「1m90cm越えの身長」

中国の「人口爆発からの逸材」

イタリアの「頭脳型バレー」

そして日本の「トスの低い超高速攻撃」

が挙げられる。どのチームも他国には負けないものを一つ持っている

そしてケニアはこれらのチームと対戦することによって一つ一つを吸収していっている。

そう考えると末恐ろしいチームだと思った。

ついでに、今日もバレーボールの話をすると

僕が今まで見てきた試合で一番好きな型の国があります

それは

男子チーム

フランス

昔から毎年のように大会でトップスリーに入ってくるという実力をもつ国

しかしブラジルの「ギガントパワー」があるわけではないし、そこまで身長が高いってわけでもない

ましてや試合中の攻撃力もそれほどあるわけでもない

それでは彼等はどこが強いと思いますか?

彼らには…

「鉄壁の守備」

どんなボールも絶対地面に落とさない執着心

必ず相手のコートにボールを返す慎重性

これがあるんです。

理論上バレーボールってのは自分のコートにボールを落とさなければ勝てるわけで、それが基本で一番難しい。

片面9×9(m²)のコートを6人で守るんですから全員寝そべってもコートが埋まるわけじゃない。

ブロックで相手の攻撃コースの半分ぐらいを埋めて、残りの来るコースのみを後衛が守るのが基本。これでミスが全くない状態ができたら間違いなく無敵です。

フランスはこれを目指して忠実に戦う!つまり基本の代名詞、姑息なことはしません。

見てて、とても勉強になりますし当然かっこいいわけです。

ブラジルはすべてを壊す力で相手を容赦なくなぎ払ってくって感じで、最強の二文字を我が物にしています。

それもいいんですが、チームとしてはバラバラで組織力はハッキリ言ってない。つまりあまり勉強にならない。ポテンシャルだけで戦うのはあまり好きじゃないのが僕です。

弱いチームを強くするにはどうしたらいいのかッていうことは常日頃から考えてます。バレーに限ったことでもないが…

なんせ、自分がいたチームも人材に恵まれていたわけじゃなかったし…

話がそれたけど

フランスはバレーの原点で戦っている。

敵の攻撃に耐えて耐えて耐えて…

耐え抜いて

ねばって相手を苦しめ

最終的に相手が自滅する

こうゆう考え方が好き

皆さんはどういうスタイルのチームが好きですか?

バレーのことじゃなくてもたくさんあると思います。

コメントお待ちしております。

ちなみに、残りの女子の試合は…

vsUSA

vsCUB

vsBRA

か…

終わったな、アメリカ調子がいいらしいし

最後のブラジル戦で日本がぼこぼこにされるのが目に浮かぶよ。

ではおやっしゅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

運命のポーランド戦 よりもケニア!!

すいません。まだ体調悪いです

バイト中、仕事に影響が出るくらいだ…

「そんながんばってる自分が好き!」

なんて自己マンに浸れる人間じゃないしな

そんな中、今日の女バレの日本対ポーランドを見ました

昔からの宿敵だけあって会場のお客さんたちも大盛り上がりでしたね

しかし僕は思います、今のポーランドはそこまで強くないと

今日の試合を見てると、背が高いだけでブロックが全く追い付いてない

つまり、動きが鈍い!

ポーランドの攻撃からレシーブ体制に入るのもなんか違和感があった。

竹下とかがツーで返してみるとかいろいろやってみた方がよかったんじゃないかな?

高校の女バレとかの6人バレーチームワークがあれば勝てそう

ふつうにABCDクイックを使うだけで効果抜群だし、身長が低くても相手がでかすぎる分ワンタッチをパカパカ打ってけば勝てる。

今回ポーランドの順位は低いんだろう

つまり日本のスピードならもっと余裕で勝てる。

だから僕はあの試合はあまり満足じゃないな~5セットまでの集中力はすごいと思ったけど

それより!!

ケニア見た??

CSなどでは放送しまくってんだけど

ケニアの試合すごい面白いです

ケニアは現在最下位…

しかし

すっごい微笑ましい!!

今日は、

ケニア対イタリア

ケニア対セルビア

を見ました。

ケニアは、あまり世界大会の経験が少ないんですが

その分、

一試合一試合ごと確実に強くなってる

これが見ててすぐわかる。

しかし、一番注目は

みんな楽しそうにバレーをやってる

一点一点決まるごとにコートをはしゃぎまくって

転がりまくったり

貴重な一点を心から喜ぶ!!

そして会場全体がいつの間にか

ケニアを応援してる

ってところ!!これが、見どころ!!勝ち負けの結果よりも大事なものがある!!

バレーボールを楽しむ

それを教えてくれる。

当たり前のことなんですが、自分も好きでバレーをやってた。

けど、どうしてもきつい練習とかでこれを忘れがちになっちゃう!

是非、今スポーツで挫折しそうな人がいたら見せてあげたい!

僕はケニアのバレーは高く評価します!!

精神論を語るわけじゃないんですが

楽しく試合ができるってのは未来とても強いチームになる。

少なくともその要素だと僕は考えてる。

バレーボールって気持ちによって大きく試合の展開が変わる

これは事実!気持の持ちようでどんなに上手なチームでも負けるときがある。逆もある。

強いってのは、強い心をもってること。これは、高校の時に某強豪チームと戦ったときに感じました。

ところで日本ってケニアと当たるのかな?

もし当たったら絶対見て!!!

日本よりもケニアを応援したくなると思う

こうゆうチームが世界のトップに立てばもっとバレーボールが繁栄するのになー

ってスポルト見たら

明日まさにケニア戦じゃん!

ぜひ見るべし!!!!

ではおやっしゅ!!

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2007年11月 3日 (土)

ワールドカップバレーボール開催

昨日、今日といろいろ話したいことがありますが、それはまた今度にして

旬な話題を

清水に注目!!(まあ後半に出てきます)

今日から、ワールドカップバレーボールが開催されました。

今回はフジテレビ系列で放送していますが

CSのフジのチャンネルで全試合放送されます。

ぼくは外国同士、特に男子のブラジルや欧米の試合の方がやっぱり迫力あるんでそっちの方が好きなのですが、こっちの話をしてもついてこれる人が少ないので日本の選手たちの話をします。

最近、女子がすごい人気で今日の試合もテレビで見た感じ体育館はいっぱいでしたね

女子の注目選手は

やっぱり木村と栗原ですね。

彼女達の調子で試合の流れが大きく変わると思う。

栗原はもはや不動のエース。こいつが崩れたらきついっすね。

木村は天才。彼女はどこまで安心して見てられる天才になるかが今後の見どころ。けど、すごいうまくなってるのはわかりますね。もう動きが読めないです

竹下とか高橋はもうベテランなので、問題ないです。世界でもトップクラスの実力があるのは見ててわかるし。今日の試合でも目立ってはないですが、一個一個のプレーが丁寧です。また、やっぱり存在感ってのがすごいあるから、きっと若者の支えになってるんすね。

そして、皆さん知ってました?

女子だけじゃないですよ!男子もワールドカップ出てますよ!

ッていうか正直、今回は男子の方が注目です。最近の試合でも普通にフランスやイタリアなどに勝ってます。

ぶっちゃけメダルをねらえます!!

そんな僕が推してる、全日本の男子注目選手

ゴッツ石島。

かなり、力があります。しかもムードメーカー的な感じで、彼が決めると会場が揺れるぐらい吠える!いい意味で彼はうるさい。あまり今までにこういう選手がいなかったので、日本にはいい戦力です。

越川優。

彼は、サーブがすごい。下手したら世界一のジャンピングサーブかも!僕が高校生のとき、バレーボールの雑誌で彼のサーブをストロボ写真で見たとき驚いた、当時から彼のサーブは一目置かれてて、実に効率的な動きで最高点で最高のインパクトを生み出せるモーションだった。こいつは危険です。

そして…

今回一番注目の人物

「清水」

知ってますか?いつだか一回ぐらい紹介したんですが。まだ大学生で若くて、未熟っちゃ未熟かもしれないけど、普通にうまいです。なんか説明しにくいけど、…普通にうまいんです!まぁ見てもらうのが一番早いんですが、外人相手にはすごいダメージを与えられる選手間違いなし、秘密兵器ですが秘密にしたくない!そんな選手。

ホント大注目ですよ

いいですか?

清水ですよ

し・み・ず

覚えました?

マジでこれから有名になると思います。流行の最先端情報です。しーみーずー

マジで清水注目です

僕はバレーの話はうるさいんで、今日はこれくらいにしときます

じゃあおやっしゅ!!

| | コメント (2) | トラックバック (3)